無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,388
2021/08/05

第6話

3
場地side
場地圭介
場地圭介
とにかく俺は、あいつのその後が心配だった。
場地圭介
場地圭介
拒食症がもとに戻ってないか、人と話すのが俺達がいないと駄目なあの頃に戻ってないか、心配で仕方無かった。
場地圭介
場地圭介
千冬は、俺が裏であなたがいじめられているという写真を見せたら、顔を青くしてすぐに信じてくれた。
場地圭介
場地圭介
今日は、千冬と様子を見に行く。








千冬side
松野千冬
松野千冬
場地さんの写真を見て、すぐに分かった。あんなに悲しそうな、苦しそうな顔をして行ってしまったことが、
松野千冬
松野千冬
申し訳ないというよりも、早く謝って恩返しがしたいあなたさんがしてくれた分も、沢山。
松野千冬
松野千冬
最近は、やけに場地さんと三ツ谷くんが、焦っているなんでだろうと思ったが、あまり深くは入らなかった
松野千冬
松野千冬
俺には、入れそうに無い…………いや、その中には決して入れない壁があるように、立ち入り禁止区域のような空間だったから、その中に入るととても空気が冷たく肺が凍りそうだったから…………………











あなたside
住む宛もなく、東卍から居なくなったあと公園を差迷っていた。
(なまえ)
あなた
あいつに連絡するか!





li○e




(なまえ)
あなた
ねぇ、かずちゃん。
羽宮一虎
羽宮一虎
どうした?なんかあったか?
(なまえ)
あなた
東卍に裏切られた、
羽宮一虎
羽宮一虎
は?
(なまえ)
あなた
けーちゃんとみっちゃんとタケミッチ以外信じてくれなかった
羽宮一虎
羽宮一虎
今すぐ殺してくる。
(なまえ)
あなた
やめようね!かずちゃん!
羽宮一虎
羽宮一虎
で、なんかあんだろ?
(なまえ)
あなた
わかってるね!かずちゃんは!かずちゃんのチーム入れて!
羽宮一虎
羽宮一虎
はぁ、そんな事だと思った。
(なまえ)
あなた
かずちゃん、後さ、
羽宮一虎
羽宮一虎
ん?
(なまえ)
あなた
私感情また、分かんなくなった。
羽宮一虎
羽宮一虎
は?
(なまえ)
あなた
なんかもう分かんないよ。どうしよう。
羽宮一虎
羽宮一虎
取り敢えず、今日誰か来るか?
(なまえ)
あなた
けーちゃんが来てくれる
羽宮一虎
羽宮一虎
ならいいや。明日行くから。
(なまえ)
あなた
うん。ごめんね。
羽宮一虎
羽宮一虎
いいんだよ。





場地と千冬が家に到着
場地圭介
場地圭介
あなた。ついたぞ!
(なまえ)
あなた
今開ける!
場地圭介
場地圭介
あなた?
(なまえ)
あなた
けーちゃん。なんで松野くん連れてきたの?
場地圭介
場地圭介
話したんだ、あなたがやってない証拠見せて。
(なまえ)
あなた
で?
場地圭介
場地圭介
わかってくれた。謝りたいって
(なまえ)
あなた
分かった。いいよ松野くん
松野千冬
松野千冬
あなたさん。本当にすみません。すぐに信じてあげられなくて。
(なまえ)
あなた
仲間に戻ってくれただけでも嬉しいよ。
松野千冬
松野千冬
あのあなたさん、もう一回名前で呼んでくれませんか?
(なまえ)
あなた
分かった。いいよ千冬。
場地圭介
場地圭介
お前、なんかあっただろ。
(なまえ)
あなた
けーちゃんは、すぐに分かっちゃうね!
(なまえ)
あなた
そうなんだ。私感情がまたわかんなくなったの
場地圭介
場地圭介
……………。
(なまえ)
あなた
どうすれば、いいのかな?
場地圭介
場地圭介
また、取り戻せるよう助けるよ。
(なまえ)
あなた
ありがとう
松野千冬
松野千冬
俺も、俺も、手伝います
(なまえ)
あなた
ありがとう。千冬










−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
作者
作者
今日も見てくださりありがとうございます!
作者
作者
次回は、一虎と昔の事について思い出していくような感じになると思います!
作者
作者
今後もお願いします!
作者
作者
次回♥……150
  🌟……140
  💬……10