無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

304
2021/05/30

第3話

🏠




(jm side)










超可愛かったヨジャは誰かわかった気がする









俺はきっと恋をした…





誰かは分かった

同じ学年の












(キムあなた。)








あいつ普段あんなやつなんだな。








多分一目惚れってやつ…













へー…好きなんだけどなんで今まで気づかなかったんだろ…
















後付けよ。









絶対振り向かせる









あなたに何言われても嬉しいし別に
…











言っとくけどドMとかじゃねぇよ…









そう思いながら目つけてたらすんげぇでかい声出してキムあなたの名前を呼ぶ奴がいた。












鼓膜破れるかと思った