無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

おはよう音駒__🥀
あなたside






松川先輩大丈夫だっかな?←






急にあんなことしてくるからびっくりした…






ああいうのは好きな人にすればいいのに…←いや好きだからね?By松川






次はは音駒!!






みんな起きてるかな~?






ガチャ






『おはようございます~』






夜久「あ、あなたちゃん!おはよう!」






夜久さんが起きてた…!!






『夜久さんおはようございます!((ニコッ』

夜久「おはよう//(可愛い...)」

『起きてるの夜久さんだけですか?』

夜久「あー…俺だk」

黒尾「俺も起きてますよー」






そう言い夜久さんの肩に手を回す黒尾さん






『黒尾さん!おはようございます!((ニコッ』

黒尾「おはよ。あなたちゃん((ニコッ」

『!…//』






黒尾さん…笑ったらイケメンだ…






だからトサカヘッドが似合うのか!←謎の納得






黒尾「なーに?俺の顔見て。見惚れちゃった?ニヤニヤ」

『あ、いや!!違います!!』

黒尾「しっかり否定されると傷つく」←

夜久「俺を空気にしてんじゃねぇ!((ゲシィ」←

黒尾「いだぁ!!」←






うわっ……






夜久さん飛び蹴りした…






すごい…←俺の事心配して?!By黒尾






研磨「何…朝からうるさいんだけど…」






研磨くんがむくむくっと起きてきた





すると






ポスッ






私の肩に顔を埋める






『ちょ//な、何してんの研磨くん?!/////』

研磨「あなた、おはよう……」






グイッ






『わっ…!』

黒尾「研磨ぁ~抜け駆けはよくないぜー?」






そう言って私を抱き寄せる






グイッ






『っ!!』

研磨「触らないで…俺のあなた」






ギギギギ






ギギギギ






私の腕を引っ張り合いする2人






夜久「あなたちゃんが困ってるからやめろー!」

黒尾「研磨が悪い」

研磨「クロでしょ……」

黒尾「はぁ?!俺は悪くないですぅー」

研磨「何言ってんの…意味わかんない」






ギャーギャーギャー






『ゴゴゴゴゴゴ』

2人「「ピタッ」」

『あの…白鳥沢起こしに行かないと行けないんですけど?ゴゴゴゴゴ』

2人「「うぃす」」←






こうして言い合いは終わった






『(マジで何…)』←

黒尾「(あなたちゃん怒らしたらダメだな…)」

研磨「(クロのせいで怒られた…)」←

夜久「(あなたちゃん怖!!)」←