無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

案内係__🥀
バス割愛🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♀️

--------キリトリ線--------





あなたside






合宿場所へ着く






あ、私のバスの隣は白布先輩だったよっ






白布「(寝顔の写真完璧)」←

天童「(賢二郎!それ頂戴ヨ!!)」←

白布「(いやです)」←

五色「(白布さん!欲しいでs...)」

白布「(お前は論外)」←

牛島「(白布、それ欲s...)」

白布「(何枚いりますか?!)」←

皆「」←






なんか皆顔でお話してる…?←






まあそれもコミュニケーションの1つだもん!






気にしない気にしない~♪←






??「あの、白鳥沢の人ですか」

『あ、そうです!!』

赤葦「案内係の赤葦です。ついてきてもらってもいいですか??」

『分かりました!((ニコッ』

赤葦「/////」

白鳥沢「(絶対オチた)」←






赤葦京治side






今日は合宿






俺は監督から案内係を頼まれた






"はい"って快く承諾したけど






面倒臭いって思ってた






あの子に会うまでは






順に音駒、烏野、青葉城西のバレー部が来る






最後の白鳥沢が来た






マネージャーらしき人に声をかける






『あの、白鳥沢の人ですか』

??「あ、そうです!!」

『案内係の赤葦です。ついてきてもらってもいいですか??』

??「分かりました!!((ニコッ」

『////』






自分でもわかる






絶対顔赤い






























赤葦京治





























貴方の笑顔に恋をしました_____









--------キリトリ線--------



最後ポエムっぽかったですかね?笑


どんどん皆あなたちゃんに恋していく…


次は誰がオチるのでしょうか??笑


白鳥沢の束縛も激しくなっていくのでしょうか?笑


次回もお楽しみにっ🌟