無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

おはよう青城__🥀
あなたside






次は青葉城西






ガチャ






『おはようございます、、、』






シーン






ありゃりゃ…








誰も起きてない…?






近くにいた松川先輩に声をかけた






『松川先輩…おはようございます…』

松川「……」






ペチペチペチ






軽く頬を叩く






『おはようございm...うわっ!!』






ガバッ






松川「おはようあなたちゃん」






え?え?え?え?←大混乱中






これどういう状況?!?!?!






作者「説明しよう!松川の布団の中に2人で入っている状況である!しかも!足も絡んで結構密着状態!!」






松川「あなたちゃんいい匂いするね…」






そう言って私の首筋に顔を近づけて匂う






少し息がかかってくすぐったい






『ん…/////』

松川「なーに?照れてる?」






ニヤニヤしながら松川先輩は言ってくる






とにかく色気がやばい…






『ちょちょちょ…は、離してくださいよ…///』

松川「えぇ~…もうちょっとだk...」






ガバッ






岩泉「何やってんだてめぇ…ゴゴゴゴゴ」

及川「まっつんずるい!!及川さんも入れてy...ドガッ 痛い!!」

岩泉「クズ川は黙っとけ!」

花巻「俺、今お前に殺意しかねぇわ」

松川「」←






ボコボコにされた松川であった←









--------キリトリ線--------

終わり方雑くてすみません🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♀️