無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

白血球さんside 3話
赤血球
赤血球
ということがあったんです
白血球
白血球
....
白血球
白血球
(それって俺のことか?)
白血球
白血球
(確か俺も昔赤芽球を助けたことがあったなぁ)
赤血球
赤血球
でもそれ以来会えてなくて(´・ω・`)
赤血球
赤血球
もしかして白血球さんだったんじゃないかなと思って
省略(^^)/
白血球
白血球
確かにそうかもしれないな
赤血球
赤血球
ですよね‼︎(*´꒳`*)
ドキッ
白血球
白血球
(か かわいい//)
赤血球
赤血球
白血球さん?
白血球
白血球
(何か 赤血球見てるとドキドキする)
赤血球
赤血球
白血球さん‼︎
白血球
白血球
あぁ…どうした ...…
赤血球
赤血球
大丈夫ですか?何度読んでも返事をしていなかったので、
白血球
白血球
すまん、考え事しててな
赤血球
赤血球
そうでしたか
でも顔が赤いですよ(・・?)
おでことおでこをくっつける
白血球
白血球
⁈ʕ(//_//)
赤血球
赤血球
熱はないみたいですけど休んだほうがいいですよ
白血球
白血球
あぁ//ありがとう赤血球//
赤血球
赤血球
  いえ、気をつけてくださいね😊
白血球
白血球
お前も気を付けろよ
赤血球
赤血球
はい^ ^