第9話

帰り道
365
2019/06/20 09:49
帰りの支度が終わって美桜と教室を出ようとしたその時だった
増田 貴久
増田 貴久
あっ、終わった??なら帰ろうよ
貴久が廊下にいた

(周りの人達)
「キャーーー増田先輩よ、増田先輩😍😍」

「かっこいいい、直視出来ない😭😭😭」

廊下に黄色い歓声が響き渡る
あなた

わかった

美桜行くよ!

今田 美桜
今田 美桜
あなた待ってぇ~~
黄色い歓声は益々大きくなる

「あの3人顔面国宝すぎる....ずっと見ていられる....」

「増田先輩~~あなたちゃ~~ん
美桜ちゃーーん」



人がどんどん集まってくる
貴久は途中まで周りの子たちに手を振っていたが私たちの方を振り返り、、、
増田 貴久
増田 貴久
あなた、美桜走るぞ!!
貴久は私の手を取って走り出した
あなた

ドキ

何?今の...心が締め付けられるような、何かの病気??





あれこれ考えていたら私達は校舎から出ていた
そのまま校門までの道を歩く

ふとグラウンドの方に目をやるとサッカーをしている人たちがいた

その中にあの金色の髪の先輩を見つける....
サッカー部の人たちは次々にボールをまわしていく

最後にまわってきたのは手越先輩だった....
そのまま可憐にゴールを決める先輩
周りの人たちと笑い合う手越先輩

不覚にもカッコイイと思ってしまった
あなた

ドキ

その様子を誰かに見られているとも知らずに
今田 美桜
今田 美桜
あなたさっきからグラウンドの方見てどうしたの?? サッカー部に気になった人でもいた??
あなた

えっ∑(O_O;)ビクッ
いやいや、そんなわけないじゃん....
気になってるも何もちょっと苦手だな~って

増田 貴久
増田 貴久
苦手??あなたにしては珍しいね...
あなた

うん、まぁ

私は2人に今朝の出来事を話した
今田 美桜
今田 美桜
へぇ~あなたにもそんな時期がやってきたのね
青春だね(๑•̀ᴗ- )~♡*.
増田 貴久
増田 貴久
手越祐也か.....╭( ๐_๐)╮・・……(-。-) ボソッ
貴久が悲しそうな表情を見せる
あなた

貴久、どうかした??

貴久の顔を覗き込む

貴久は頬を赤らめて
増田 貴久
増田 貴久
なんでもねぇよ
と言った
あなた

そう??なら良かった(๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑)

増田 貴久
増田 貴久
ドキ
あなた

そしたら早く帰ろ~

私は美桜の手を取って帰り道を走った
増田 貴久
増田 貴久
いつになったら俺の気持ちに気づいてくれるんだろう...(´Д`)ハァ…
貴久もその後を追いかけて走って行った

プリ小説オーディオドラマ