無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ドキドキされっぱなし!?
夏喜side
はい、ただいま大好きな人と2人っきりの空間です。
ヤバい、早く目覚まして?俺の理性が保てなくなる//
それにしても可愛い寝顔だな…
(なまえ)
あなた
すぅすぅすぅ……
規則正しく呼吸しているあなたを見てホッとした。 
でも、本当に心臓止まりかけた。
あなたが倒れただなんて亜嵐さんに言われたから。
堀夏喜
堀夏喜
早く目覚ませよ…
堀夏喜
堀夏喜
あ、まだあなたの鞄片付けてないな。
常温だとヤバイものが一個くらいはあるし、早くしまおうかな。
ふと気づいた。あなたの鞄めっちゃ重いw何が入ってんだろ?
ホントは女の人の鞄なんて覗いちゃダメだけど、今だけ、許してください…
にしてもホントに荷物が多い…
大きいポーチに化粧品にファンレターにスケジュール帳…あとは…スイーツにアクセサリー?
堀夏喜
堀夏喜
そういえば、うちの事務所、ファンからの差し入れはダメだったよな?
大樹くんに聞いてみるか…
堀夏喜
堀夏喜
でも、よく見てみたら、女子っぽい飾り付けやラッピングがされていないな。 
ってことは男から貰ってるってことだよな?
それに、スイーツも保冷剤付きだったから、誰が買ってきたものを持って帰ってきたってことだな。
アクセサリーはキレイにラッピングがされているし、店員さんがやったのかもな。
堀夏喜
堀夏喜
よし、大樹くんに聞いてみよ。
(電話)
佐藤大樹
佐藤大樹
(電話)もしもし?
堀夏喜
堀夏喜
(電話)あ、急にすいません、大樹くん。
佐藤大樹
佐藤大樹
(電話)おー、どうしたの?
堀夏喜
堀夏喜
(電話)実はあなたの鞄の中にアクセサリーとか、ケーキの箱があって、それって誰からだと思いますか?
佐藤大樹
佐藤大樹
(電話)あー、それはね、Jr.EXILE からだよ。
やっぱり、そうだったか…
佐藤大樹
佐藤大樹
(電話)ランペの北人とか壱馬とか樹とか陸とか慎とかバリボの嘉将とか竜太とかたくさんの人から貰ってるんだよ?
堀夏喜
堀夏喜
(電話)そうだったんですか。ありがとうございました。じゃあ失礼します。
俺は電話を切ったあと、あなたの家の冷蔵庫を開けてケーキ類を入れ始めた。
にしても,ホントに多い。
堀夏喜
堀夏喜
はぁ、とりあえず入れ終わった。あなたは起きたら、なんか食べるかな?
まぁ、お粥作って、林檎剥いとこうかな。あとは栄養剤とゼリーと解熱剤を薬局にかいに行こうかな。
あ、届けてもらおう。澤夏くんに頼もうかな。
堀夏喜
堀夏喜
(LINE)澤夏くん。今からあなたの家に林檎と栄養剤とゼリーと解熱剤届けてもらえますか?
すると、すぐに既読がついた。
澤本夏輝
澤本夏輝
(LINE)わかった。すぐ届けるよ。
そして、お粥を作っている間にインターホンが鳴った。澤夏くんだ。もうお粥は大丈夫そうだったから、火を切り、玄関に行った。
澤本夏輝
澤本夏輝
なっちゃん、届けにきたよ。あなたの看病がんばってね。
堀夏喜
堀夏喜
ありがとうございます。
俺は再び、料理を再開した。そしてあなたの部屋に向かった。
堀夏喜
堀夏喜
入るぞーって、起きてないか。
堀夏喜
堀夏喜
はぁ、早く起きろよ…
(無言であなたのおでこを撫でる)
堀夏喜
堀夏喜
俺、あなたがいないと調子でねーよ…(泣)
(静かに涙を流す。)
夏喜の目から涙が流れ、あなたの肌に雫のように垂れる。
(なまえ)
あなた
ん……
堀夏喜
堀夏喜
あなたっ!?起きたのか!?
(なまえ)
あなた
あれっ!?なっちゃん!?
どうして、なっちゃんがあなたの家にいるの?
堀夏喜
堀夏喜
あなたは、 GENERATIONSさんの楽屋で倒れたんだよ。
それで、俺があなたの家まで来て看病していたってこと。
(なまえ)
あなた
そっかぁ‥ごめんね、なっちゃn…
堀夏喜
堀夏喜
(突然抱きしめる)
もう、心配させんなよっ‥//
俺、あなたがいない間すげー寂しかったんだからな…
(なまえ)
あなた
(は、肌が…なっちゃんとあなた、今ハグしてる!?)
堀夏喜
堀夏喜
まぁ、とりあえず今日はゆっくり休めよ。
俺は帰るから。
(なまえ)
あなた
イヤ、行かないで…
1人にしないで…//
寂しい、なっちゃんがいないと寂しいの…
堀夏喜
堀夏喜
わ、わかった//
じゃああなたの風邪が治るまで、そばにいるから。
あなたを1人にしないから…
(なまえ)
あなた
うん,ありがと、なっちゃん!
(なまえ)
あなた
あなた、もう一回寝たいんだけどいい?
堀夏喜
堀夏喜
いや,それはいいんだけどさ、俺今日あなたの家泊まるための支度持ってきてないんだけど…
(なまえ)
あなた
じゃあさ、あなたの家の鍵渡すから、取りに行って!
少しの間、我慢して待つから!
堀夏喜
堀夏喜
わかったよ。じゃあ荷物を取りに行ってくるな?
(なまえ)
あなた
うん!!
堀夏喜
堀夏喜
それじゃ、行ってきます。
(なまえ)
あなた
いってらっしゃい!!
そして、俺は家を出て、自宅に戻った。
そして外泊用の荷物を用意して,再びあなたの家に行った。
堀夏喜
堀夏喜
ただいま、あなた。
(なまえ)
あなた
すぅすぅすぅ…
堀夏喜
堀夏喜
また、寝てる…
でも、無事でよかった。おやすみ。
(なまえ)
あなた
なっちゃん…大好き💕…zzzz
堀夏喜
堀夏喜
えっ!?
堀夏喜
堀夏喜
今のは寝言だよな??
堀夏喜
堀夏喜
寝言じゃなかったら、俺ヤバイわ…//
そんなわけで最後の最後まであなたさんにドキドキさせられっぱなしの夏喜くんでした!!
次回!2人っきりの夜、夏喜くんとあなたさんはどうなる!?看病のpart2です!
次回もお楽しみに!!
これからも応援よろしくお願いします!!