無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

過去の話 
夏喜side
今日は午前中にMVの撮影があって、午後はラジオだ。
俺は楽屋に着いた。
堀夏喜
堀夏喜
おはようございます。
世界
世界
あれっ。堀夏、あなたは?
堀夏喜
堀夏喜
え、今日はとゆーか、昨日楽屋で別れて以来見てないですね。
今日は一緒に来てないんですよ…
まぁ、すぐくると思いますよ。
こんな考え甘すぎた。 
そして、集合時間から10分が過ぎた。
中島颯太
中島颯太
あなた、遅くないですか?
瀬口黎弥
瀬口黎弥
いつもなら、10分前にはいるんだけど…
八木勇征
八木勇征
んー、HIROさんに電話してもらうか。
木村慧人
木村慧人
そうしましょ!!
佐藤大樹
佐藤大樹
じゃあ、俺行ってくるよ。
澤本夏輝
澤本夏輝
頼みますよ?
そして、気になったから、俺は大樹くんに着いて行った。
佐藤大樹
佐藤大樹
HIROさん、失礼します。
佐藤大樹です。
堀夏喜
堀夏喜
堀夏喜です。
失礼します。
HIROさん
大樹と堀夏どうした?
堀夏喜
堀夏喜
あの、あなたが来ていなくて、電話をかけてもらおうと思ったんですけど。
HIROさん
え、あなたが、楽屋にも来ていないだと!?
佐藤大樹
佐藤大樹
ってことは、一回HIROさん、あなたの家に電話かけたんですか?
HIROさん
あぁ。スマホにも固定電話にもかけたんだが、繋がらないんだ…
また、1時間ごとかけ直すから、それまで、お前らは仕事していてくれ。
堀夏喜
堀夏喜
はい、わかりました。失礼しました。
佐藤大樹
佐藤大樹
お忙しい中、ごめんなさい。失礼しました。

そして、半日後。
MVの撮影が終わったすぐ後くらいに、俺らFANTASTICSは呼び出された。
HIROさん
みんな、驚かないで、聞いてくれ。
あなたは、今、知らない場所で監禁されている。 
そして、その相手が以前ナンパしてきた奴らしいんだ。
堀夏喜
堀夏喜
えっ。ってことはアイツか??
前のコンビニの時、あなたが、ナンパしていた男か?
佐藤大樹
佐藤大樹
なっちゃん、知ってるの!?
堀夏喜
堀夏喜
はい、買い出しに行った時、あなたが知らない男に声をかけられていたんです。
その時油断したからかもしれないです。
HIROさん
まぁ、このことに関しては、アーティストじゃなくて、スタッフが動くから、お前らはいつ、あなたが帰ってきてもいいようにちゃんと練習しろ。いいな?
FANTASTICS
FANTASTICS
わかりました。
そして、何が起こるわけでもなく、1ヶ月と1週間の月日が過ぎた。
そこで、俺らはもう我慢できなく、ついに訴えに行った。
HIROさんは仕事をしながらだったらいいと。あなたを捜し始めた。
ファンの方から情報をもらい、俺らは全力を尽くした。
その結果俺は一か八かで心当たりのある場所へ行った。
すると、予想通り、あなたがいた。 
だけど、男を片付けるのに、時間がかかった。
そのせいで、あなたは意識を失い、気絶してしまった。
堀夏喜
堀夏喜
やっぱり、あの時の考えは、甘過ぎたんだな。

次回、あなたさんの意識は戻るのか!?
そして、なっちゃんはある決断をする!!
見逃せない展開をお楽しみに!!
今回もだいぶ短くてごめんなさい!!
これからも応援よろしくお願いします!!