プリ小説

第5話

選ばれし巫
木野 遥
木野 遥
うう...
妖怪
遥、大丈夫ー?
妖怪
主様、もうすぐ着きますよ。
木野 遥
木野 遥
ご、ごめん。
咲原 愛
咲原 愛
遥、そこは“ありがとう”だよ
木野 遥
木野 遥
ご、ごめ...じゃなくて、ありがとう。
今、私たちは遥の家に向かっている。

何故って?それは...
妖怪
人間って何で風邪なんかに
かかるんだろ。
妖怪
そんなの分からぬ。
そうです。そうなのです。
遥が、風邪にかかったのです。

でも、学校で授業を受けてた途中だったから
早退した。

遥の親が迎えに来ないので、大きい方の妖怪が
遥をおぶっている。(ちなみに、私は付き添い)
咲原 愛
咲原 愛
それにしてもさっきから、
古い壁ばかり続いてて、
家が一件もないね。
妖怪
あれ?言ってなかったっけ?
咲原 愛
咲原 愛
妖怪
この壁の中、全て主様の家ぞ。
咲原 愛
咲原 愛
.......マジで?
妖怪
あぁ。
咲原 愛
咲原 愛
広すぎでしょっ!
この壁の中全て遥の家の敷地とか...

有名な陰陽師の家系だとは聞いていたけど、
これほどとは...
妖怪
着いたよ!
咲原 愛
咲原 愛
門までもデカイ...
妖怪
まぁまぁ!入ろ!
咲原 愛
咲原 愛
はいはい。
妖怪
じゃあ、あとは宜しく頼むぞ。
咲原 愛
咲原 愛
....え?何で?
妖怪
そんなの決まってるよ!
私たちががこの門をくぐった瞬間、
陰陽師が私たちを消すからだよ。
咲原 愛
咲原 愛
け、消す...?
妖怪
陰陽師にとって、妖怪は
祓うものでしかないからな。
咲原 愛
咲原 愛
そっか...
妖怪
遥をよろしくね!
咲原 愛
咲原 愛
うん!任せて!
私はそう言って、大きな門をくぐった。






















咲原 愛
咲原 愛
わぁ...
門の中は、綺麗な庭が広がっていた。
召し使い
おかえりなさいませ。遥様。
木野 遥
木野 遥
ただ..いま...。
召し使い
あら?そちらの方は?
木野 遥
木野 遥
友達。
召し使い
まぁ!遥様にご友人が!
これはめでたいことです!
領主様に知らせなければ...!
木野 遥
木野 遥
この子、案内してあげて...
召し使い
はい!かしこまりました!
咲原 愛
咲原 愛
ちょ...!その前に!
召し使い
どうかなさいました?
咲原 愛
咲原 愛
遥、熱なんですけど...
召し使い
まぁ!それは大変!
すぐ、部屋にお連れしなければ!
忙しい人だな...



















召し使い
こちらです。
咲原 愛
咲原 愛
あ、はい。
私は、召し使いにある部屋に案内された。
領主
こんにちは。
咲原 愛
咲原 愛
こ、こんにちは...
領主
私は木野家十三代領主だ。よろしく。
咲原 愛
咲原 愛
よ、よろしくお願いします...
領主...。つまり、遥の父親。

家にいたのに、何で熱の遥を
迎えに来なかったのだろう。
領主
さて。君は、妖怪というものが
見えるかい?
咲原 愛
咲原 愛
え?あ、はい。
領主
そうか!
領主
遥の友人と聞いて、もしかしたら
と思ったのだが...当たりだったな。
そう言って、領主は嬉しそうに笑う。

いい人なのかな...?
領主
君はどこの陰陽師の家系かい?
咲原 愛
咲原 愛
え?いや、私は...
どこの陰陽師の家系でもないです...
私がそう言った瞬間、領主は驚いた顔をする。
領主
なんと...!君が百年に一度の
選ばれし巫だったなんて...!
咲原 愛
咲原 愛
え、選ばれし...?
領主
そうだ。百年に一度生まれてるという
陰陽師の家系を持たないが
強力な霊力を持つ巫のことだ。
そうだったんだ...。
私は百年に一度の選ばれし巫...。
領主
いやぁ。うちの遥は妖怪に同情
なんかして祓えないものだから、
次期領主をどうするか悩んでいたが...
領主が私の手を握る。
領主
君、遥と結婚してくれないか?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

月渡 雫
月渡 雫
よろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ お知らせは「月渡ってるお知らせ」でお伝えします! 私の小説を読んでくれる人だーいすk...((殴 〖連載中〗 ・あやかしの社 ・届けない 届いて 届かない ・364日の手紙 ・forgot me not 〖連載休止〗 ・午後の少女 ・放課後のワルツ ・ユーレイ部は青春がしたい。 〖完結〗 ・星に願いを ・空の彼方 ・ゲームオーバー ・涙のない世界 ・椅子取りゲエム 〖番外編 連載中〗 ・星に願いを 〖連載予定〗 ・夜のともだち ・夢見がち注意報。 ・地獄ゲーム  ←どんどん増えていく駄作w 〖その他の小説〗 ・月渡ってるお知らせ ・パラレルワールド 〖専用タグ〗 #月渡る 〖今の気持ちをひとことで。〗 “もうすぐ地獄の学年末テスト襲来! それにもかかわらず遊ぶ私!←” 小説いっぱい書きたいのに、追い付かない...泣 恐らく、青春とホラーしか書けない人間。笑 皆の小説が面白すぎてやばい。 🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥 ( *´艸`)(  ̄▽ ̄)(///∇///)~(´∀`~)(^-^;(*ゝω・)ノ( ;∀;)( ゚□゚) 🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥 ※不定期更新。 ※“中二病”爆発中。 ※時たま深夜テンション。 ※今日も貫くマイペース。