プリ小説

第9話

妖怪の名前
外に出ると、ぐちゃぐちゃになった庭園、その
後ろに、壊されている屋敷があった。

そして、ぐちゃぐちゃになった庭園の真ん中に
和服を着た青年が立っていた。

それは間違いなく妖怪だった。


片目が、紅く光っていた。
咲原 愛
咲原 愛
妖怪...
領主
なんてことだ...
召し使い
領主様!
領主
何だ。
召し使い
祓いの準備、整いました!
領主
そうか。今行く。
領主はそう言って、何かの呪文みたいな文字が
書かれている円に立った。

そして、札を手に持ち、
領主
消えろ。妖怪。
と言った。
萩句
萩句
駄目だ...
咲原 愛
咲原 愛
萩句
萩句
あの領主には祓えねぇ。
え...?
妖怪
人間無勢が。舐めるな。
青年の妖怪はそう言って、領主の攻撃を片手で
消滅させた。
領主
なっ...⁉
召し使い
今できる一番強い術なのに...
今できる一番強い術...⁉

じゃあ、もう、何も効かないんじゃ...
領主
...
すると、領主は黙って私に近付いた。

それを見た萩句は、自分の後ろに私を隠した。
領主
退きなさい。
領主がそう言うと、萩句はいつもより少し
低い声で、
萩句
萩句
お前に指図される筋合いは無い。
と言った。
領主
退きなさい。
領主がまた、そう言うと、萩句はとても
不機嫌な顔で、
萩句
萩句
何故だ。
と領主に聞いた。
領主
あの妖怪に差し出す。
え...?
領主
妖怪は霊力の高い者を好む。
領主
そやつを差し出せば、
還るやもしれぬ。
萩句
萩句
ならば、お前が行けばいい。
萩句
萩句
愛を巻き込むな。
ヤバい...萩句がもう少しでキレる...























妖怪
死ね。
突然、妖怪が私の真後ろに現れて、そう言った。

それと同時に、持っていた日本刀で私を
切り付けた。


















と、思っていた。

けど、痛みを感じなかった。
萩句
萩句
っ...
そこには、手から血を流した萩句が立っていた。

萩句が日本刀を素手で掴んで止めたのだ。
咲原 愛
咲原 愛
萩句っ!!
萩句
萩句
大丈夫だ。
妖怪
チッ。当たらなかったか。
萩句が妖怪を睨む。
妖怪
おー。怖い怖い。
妖怪
で、後ろは大丈夫かな?
妖怪がそう言ったので、後ろを見ようと
したその瞬間、私は領主に腕を掴まれた。

そして、私の首を腕で絞めて、顔にナイフを
突き付ける。
咲原 愛
咲原 愛
苦し..い...
領主
油断は大敵だぞ?
萩句
萩句
くっ...
萩句はまだ、日本刀を抑えている。

手を放せば、まだ私に当たる距離にある。

つまり、私が死ぬ。

でも、手を放して助けてくれないと、私が死ぬ。


どちらにしても、私は助からない。



















私、死ぬのかぁ...



















木野 遥
木野 遥
お、お願いね!
妖怪
承知した。
妖怪
喜んで!
...え?

そういえば、遥、さっきまでいなかった...
妖怪
これだから人間は嫌いなんだ。
妖怪
遥と愛を抜いてね!
小さい方の妖怪はそう言って、領主と私を
引き剥がした。
妖怪
まぁ、妖怪も嫌いだが。
大きい方の妖怪はそう言い、薙刀なぎなたで青年の妖怪を
切り付ける。
妖怪
っ...!
そして、青年の妖怪は青ざめる。
妖怪
あ、あなた様は...
あなた様?
妖怪
くだん様とひいらぎ様...
...え?この妖怪たち、有名なの?
え?私たち、そんな有名?
そうみたいだな。
ていうか、夜曇やくも君!
駄目だよ?人間いじめちゃ。
夜曇
す、すみません...
え?何?この上司と部下みたいな光景...
木野 遥
木野 遥
あ、ありがとう!件、柊!
御安い御用。
遥と愛の為だもん!
ていうか、あの妖怪たち、名前あったんだ。

教えてよ...
椿
椿
てことで、解決!
散った散ったぁー!
領主
...
萩句
萩句
...
夜曇
...
いや、皆の反応おもしろっ...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

月渡 雫
月渡 雫
よろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ お知らせは「月渡ってるお知らせ」でお伝えします! 私の小説を読んでくれる人だーいすk...((殴 〖連載中〗 ・あやかしの社 ・届けない 届いて 届かない ・364日の手紙 ・forgot me not 〖連載休止〗 ・午後の少女 ・放課後のワルツ ・ユーレイ部は青春がしたい。 〖完結〗 ・星に願いを ・空の彼方 ・ゲームオーバー ・涙のない世界 ・椅子取りゲエム 〖番外編 連載中〗 ・星に願いを 〖連載予定〗 ・夜のともだち ・夢見がち注意報。  ←どんどん増えていく駄作w 〖その他の小説〗 ・月渡ってるお知らせ ・パラレルワールド 〖専用タグ〗 #月渡る 〖今の気持ちをひとことで。〗 “もうすぐ地獄の学年末テスト襲来! それにもかかわらず遊ぶ私!←” 小説いっぱい書きたいのに、追い付かない...(泣) 恐らく、青春とホラーしか書けない人間。笑 皆の小説が面白すぎてやばい。 🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥 ( *´艸`)(  ̄▽ ̄)(///∇///)~(´∀`~)(^-^;(*ゝω・)ノ( ;∀;)( ゚□゚) 🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥🍥 ※不定期更新。 ※“中二病”爆発中。 ※時たま深夜テンション。 ※今日も貫くマイペース。