無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
251
2020/03/19

第66話

旅行
マイキside






今日は翔ちゃんとしるそらカップルで








旅行に行く。







旅行先は北海道。







空港で集合して、北海道へ向かう。



翔
ごめん!おまたせー!
シルク
シルク
全然いいよー!
そら
そら
まだ時間あるからゆっくり行こ!
マイキ
マイキ
うん!

飛行機に乗って北海道へ着いた。


シルク
シルク
ついたー!
マイキ
マイキ
さっっっむwww


いろいろな所で遊んで旅館へ向かう。






夕飯も食べ終わり、お風呂にも入り、







あとは寝るだけ。






みんなで布団を敷いて準備する。






みんながそれぞれの布団に入る。



そら
そら
おやすみ〜


一応、しるそらカップルと俺らの間は







襖で仕切ってある。








ってことは……翔ちゃんと…///







電気を消す。




すると、隣から何か聞こえてきた。

そら
そら
シルク…ちゅーしてよ…//
シルク
シルク
だめだって…翔くんたちいるから…
そら
そら
いいじゃん…ね?
シルク
シルク
っ…わかった。


ふたりのリップ音が聞こえる。






段々と興奮してきた。






翔ちゃんの肩を叩く。

マイキ
マイキ
ねえ翔ちゃん…
翔
ん…?
マイキ
マイキ
俺もちゅーしてほしい//
翔
うん//

翔ちゃんの柔らかい唇が触れる。






徐々に舌を絡めてくる。






ンチュ……チュクゥ…レロ…







隣からも同じような音がする。






口から段々と首へ移動する。






そしてキスマをつけられる。







そして浴衣を剥がされる。

翔
もう硬くなってる。
翔
そんなにえっちなことしたかったの?
マイキ
マイキ
う、うん…///
翔
ふふっ。かわいっ。
シルク
シルク
そらも脱いで。

布が擦れるような音がする。

そら
そら
ハゥゥッ……ンンッ//
シルク
シルク
ンチュ……レロォ…
翔
クチュ……ンチュ……
マイキ
マイキ
ンハウッッ//……ンアゥ…//

翔ちゃんの手が俺のモノへと触れる。





優しく撫でられる。

マイキ
マイキ
あっっ…//
翔
ここ弄ってほしい?
マイキ
マイキ
うん//
そら
そら
まって…しるくっ…だめっ、いくっっ///
向こうは一足先にいっているようだ。





下着を下ろされ、モノを握られる。








手を上下に動かされる。

マイキ
マイキ
ンアァァッッ…翔ちゃぁっ//…ンンッッ//

すぐにイってしまった。
シルク
シルク
そらぁっ、入れるよ…//
シルク
シルク
ングッッ…んはぁっ///

パンパンと肌が触れ合う音が聞こえる。
翔
入れるね?
マイキ
マイキ
うんっ

ゆっくりと入ってきた。





翔ちゃんの硬くて大きいのが奥まで。 





腰が動き始める。

翔
ハァァンッッ…きもちいっ///
マイキ
マイキ
翔ちゃっっ、いくっっっ//
翔
出すよっっ…ンンンンンンッッ/////

翔ちゃんのが中にドプドプと注がれた。
マイキ
マイキ
ハアッ、ハアッ、ハアッ…
シルク
シルク
そらぉぁっ…イくよっっ//
そら
そら
ンアァァッッ///

向こうも果てたみたい。






こうして夜は明けた。








次の日の朝。





飛行機の時間が来るまで、






俺らはお土産などを買ったりした。




翔
じゃあ、またね!!
シルク
シルク
うん!また!
そら
そら
楽しかったー!
マイキ
マイキ
俺も!

こうして北海道旅行は終わった。、













End