無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

かくれんぼ(お守りを先に見てください🙇
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ひ さ し ぶ り に さ ぁ 、 か く れ ん ぼ し な ぁ い ?
.
い い ね ぇ !
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
さ い し ょ は ぐ ー じ ゃ ん け ん ぽ い 
.
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ま け ち ゃ っ た よ ぉ
.
じ ゃ あ ま ち ゅ く ん が お に ね ぇ !
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
い ー ち に ー さ ー ん 
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
も う い い か ー い
.
・・・
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
も う い い か ー い ?
.
・・・
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
あなた ち ゃ ー ん ?
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
め あ け る よ ぉ ?
.
・・・
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
さ が す よ ぉ ?
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
あなた ち ゃ ぁ ん ど ー こ だ ぁ!


あなたちゃんが返事をすることはなかった。
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
あなた ち ゃ ん …… ?
僕は見つけてしまったんだ、



あなたちゃんが大事に持っていたランドセルを……


ただ置いてるだけなのかな??



ベンチに座ったり立ったりしながらあなたちゃんが出てくるのを待ってた。


すると、



『•*¨*•.¸¸5時になりました•*¨*•.¸¸♪』



と5時のチャイムが鳴った。

ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
も う か え っ ち ゃ っ た の か な

とりあえず帰ることにした。