無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

誘拐事件

ガチャ


僕の家についた。


リビングからはママとあなたちゃんのママの笑い声が聞こえる。

ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ね ぇ 、あなた ち ゃ ん し ら な い ?
まつママ
あなた ち ゃ ん ? 海斗 い っ し ょ じ ゃ な か っ た の ?
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
か く れ ん ぼ し て た ら い な く な っ て て 、 か え っ ち ゃ っ た の か な ぁ っ て
〇〇ママ
あなた が 、 い な く な っ た ? !

あなたちゃんのママの顔は青くなっていた。
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
そ ぉ 、 ら ん ど せ る は お い て あ っ た ん だ け ど 。
まつママ
す、すぐ警察に連絡しましょう!
〇〇ママ
私、公園に行ってきます。
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ぼ く も い く !
まつママ
だめよ!!あなたまでいなくなったら。
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ま ま ぁ 。
いつものママじゃなかった。


結局、あなたちゃんは見つからなかった。




夜も眠れなかった。あなたちゃんがどこに行ったのか……。


リビングからパパとママの声が聞こえた。

まつパパ
あなたちゃんはどうなったんだい?
まつママ
警察の方が誘拐事件として捜査していらっしゃるみたいよ。
まつパパ
そのことは海斗は知っているのか?
まつママ
知らないわ、
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ま ま ぁ 、ゆ う か い っ て な に ?
まつママ
まぁ、海斗。起きていたの?
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ね れ な い の 。
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
ゆ う か い っ て な に ?
まつパパ
大人になったら分かるさ。
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
あなた ち ゃ ん ど こ に い っ た の ?
まつパパ
さぁね、
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
あなた ち ゃ ん は も う か え っ て こ な い の ?
まつママ
やめなさい!!!貴方よりもっと悲しんでいる人がいるのよ!
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
……ま ま 。 ご め ん な さ い 。
まつママ
もうあなたちゃんのことは忘れなさい。
まつパパ
それは言い過ぎじゃないか!
まつママ
しょうがないんですよ。これがこの子たちの運命なんですよ。
まつママ
海斗、明日も保育園なんだから早く寝なさい
ま ち ゅ (5)
ま ち ゅ (5)
わ か っ た ぁ 。