無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5話
朔が来て
大変なことになって、
最後かもだから一人一人とデートしよう
って言われて
大貴とデート中
有岡大貴
有岡大貴
遊園地だー
あなた

元気だね
大貴

有岡大貴
有岡大貴
そういうあなたは
元気ないね?
どうかした?
あなた

みんなと離れるのに、
悲しくないわけないじゃん
なのに大貴は笑ってるし……

有岡大貴
有岡大貴
こういう時だから、笑うんだろ?
あなた

でも悲しいよ
どうして?
大貴は平気なの?

有岡大貴
有岡大貴
だって約束したじゃんか
お別れは、『笑顔で』ってな!!
あなた

大貴……

大貴に言われた言葉を意識して
たくさんのアトラクションに乗った
あなた

あぁ
あっという間だった
1日が50時間くらいあればいいのに

有岡大貴
有岡大貴
それは無理だろ?
だからこの時間を、
めいっぱい楽しまないとな
あなた

今日は、ありがとね
大貴!!

帰り際、
大貴に告白されて、
ビックリして、走って帰ってきちゃった
ドアのところでうずくまっていた
すると
岡本圭人
岡本圭人
ねぇあなた
どうしたの…その格好……
あなた

えっ?

まるで童話に出てくる
かぐや姫のような着物をまとっていた
あなた

何……これ…

☆.。.:*作者.。.:*☆
作者(Syuri)
作者(Syuri)
お久しぶりです
申し訳ないです
ネタが尽きかけてるんです
デートに持ち込みました
今回は大ちゃんでしたが
短くてすみません
1人ずつなのでお楽しみに!!