無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

序幕 悪役令嬢の幕開け
2,129
2022/07/29 09:00
 思えば、幼い頃からよく変な夢を見た。名前もわからない自分になり、消毒液のにおいがする白い部屋で、仕組みが不可解な機械を持ち、一人きりで遊んでいる夢だ。

 夢なので詳細は思い出せない。自分の名前ですら曖昧だ。なのに。
『またアンタはゲームばっかりやって──』
 瞳の奥で白昼夢がものすごい勢いで再生された。ぐらりと体が傾き、両手と両膝を冷たく固い床につく。

 忘れ物のありかを突然、全部思い出したみたいだ。津波のような情報量に襲われて、頭ががんがんする。

 やがて焦点があった視界が、大理石の床を映し出した。磨き上げられたそこには、自分の姿が映っている──はず、だ。

 だが、黄金をとかしこんだような髪に神秘的なサファイアの瞳をした、この華やかな美人は誰なのだろう。ほっそりとした首筋と卵型の顔の輪郭を、白い指でなでてみる。
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
(……この顔……ゲームで見たような……え、ゲーム?)
 まばたくと長い睫毛が上下した。その正面に、誰かが立ちはだかる。

 金髪の青年だ。唇を歪めて、膝をついている自分を上から見下ろしている。
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
そうして跪いて悲しんでみせ、同情をひこうとしても無駄だ。君以外、ここにいる全員がわかっている。俺の婚約者であるのをいいことに散々横暴に振る舞った君に、同情の余地などない、とね
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
──セドリック、様? あなた、本当にセドリック様?
か細くなった震え声に、金髪を持つ王子様みたいな青年は皮肉っぽく応じた。
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
らしくないと言いたいんだろう? でも俺の素はこっちだ。君は何年も婚約者をしていて、そんなこと一つ見抜けなかった
ずきりとした胸の痛みが、現実感を取り戻させる。

 そうだ、ここは現実だ。そして、目の前の人物は、エルメイア皇国の皇太子セドリック・ジャンヌ・エルメイア。幼い頃からの知り合いで、自分の婚約者──そして、大好きだったゲームの攻略キャラだ。
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
(……ゲーム? 攻略キャラ?)
 自分の記憶にうろたえて、周囲を見渡す。だが冷たい視線が突き刺さるだけだった。

 今夜は、自分が通う学園の冬学期修了を祝う自由参加の夜会だ。既に教師達は出払っており、いるのは学友達ばかり。なのに誰も彼もが冷たく自分を遠巻きに見ていた。

 唯一、労るような目を向けているのは、セドリックにそっと寄り添う女性──名前はリリア・レインワーズという。庶民から男爵令嬢へと転身した学園の人気者だ。

 柔らかそうなキャラメル色の髪、ふっくらとした頰に甘そうな唇。大きな瞳は今、自分を案じている。

 さすがヒロインだと見上げる格好で観察して、はたと気づいた。

 なら、自分は。
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
アイリーン・ローレン・ドートリシュ。俺は君との婚約を破棄させてもらう
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
──お待ち下さい、それって!
 自分の名前だ。そして、ゲームでの悪役令嬢の名前だ。
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
(まってまってまって! そう、セドリック様はわたくしの婚約者で……なら私は)
 どこか他人事のように見えていた今の状況に対して一気に思考が巡り出す。焦るアイリーンを、セドリックは嘲笑った。
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
俺はもう、自分に正直にリリアと生きていくことにした
リリア・レインワーズ
リリア・レインワーズ
……アイリーン様、ごめんなさい
 ごめんなさいってなんだ。

 その喉の奥からせり上がった激情は、正しくアイリーンのものだった。

 再度視界が霞んだが、唇を嚙んで気を確かにもとうとした。もう一度、自分の姿を見てみる。

 幾重にもレースを重ねた豪奢なドレス姿で、へたりこんでいる。公爵令嬢にあるまじき、はしたない格好だ。だが、誰も手を差し伸べてくれはしない。

 だってこれは、悪役令嬢の婚約破棄イベントだから。
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
俺に愛されているという君の勘違いにはもう、うんざりだ
 ならどうして、そんな君が好きだよなんて微笑んだの。

 そのみじめな言葉は飲みこむ。それは鉛を飲むような重さだったが、飲みこむと不思議と心が穏やかになった。
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
(……なんていうか、記憶が戻るにはタイミングがひどいと思うけれど……でも、少しだけ冷静になれたわ)
 ──要はいいように使われたのだ自分は、と判断できるくらいには。
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
何か申し開きがあるなら聞いてやらないでもないぞ
 もしこれが何も知らないまま起こった出来事であったなら、徹底的に闘っただろう。闘う相手を間違えたまま。

 そう考えると、余裕が出てきた。薄く微笑み、顔を上げる。
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
いいえ、セドリック様。──最初から素直に仰ってくだされば、なにもこんなに大仰な舞台を作って大事にせずともよろしかったのに、とは思いますけれども
 冷めた目で周囲を見渡すと、意味がわかったのかさっと目をそらす者がいた。だがセドリックは鼻で笑い返す。
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
俺とリリアの決意表明だ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
ここでなく公の場なら、ドートリシュ公爵家と皇帝からお叱りを受けてしまう──という脅えからではなく?
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
そんなわけないだろう。君の罪は皆の前で裁かれるべきだと思っただけだ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
罪? ──つっ
 ぐいと突然横から腕を引っ張るようにして体を持ち上げられた。首をめぐらせ、アイリーンは相手を見据える。
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
乱暴にしないでくださる。レディに対してなってないのではなくて
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
セドリック・ジャンヌ・エルメイア
何がレディだ。いい加減にしろ、アイリーン。君の所業はもう誤魔化しようがない
 そう言って目の前に書類の束を突き出したのは、幼馴染みのマークス・カウエルだった。未来の騎士団長と目される彼はすらりとした体軀を持つ、寡黙な人だ。正義感が強く、不正を許さない。その威圧感のある眼差しが、アイリーンを罪人のように睥睨する。
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
アイリーン・ローレン・ドートリシュ
……自分で立てますわ。離してくださる?