無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
18
2018/06/05

第2話

②私の母親パート2
この話も私の母親の話です。

母親はいつも携帯を落とす癖があります。
危ないと思いダイソーで携帯ストラップ首にかけるのを買って付けてあげました。

そして事件が起こりました。

いつも下に降りる時は携帯を階段に置いてトイレに行ったりしてますが、その日はズボンのポケットに入れてました。

その時でした。

(テルエ)ぎゃぁぁ!!
驚いて私と父はトイレへ来ました。

(父)どした?
(私)おかん?なんかあったん?
(テルエ)携帯が暗闇に落ちた!


トイレから出てきた母親。

父は懐中電灯を持って来て照らし出し見たら携帯がありました。

母親はつっかいぼうを持って来て取ろうとしましたが無理でした。

私は使わなくなった釣竿を持って来て、父が懐中電灯を照らし出し取ろうとしますが、なかなか取れません。

母親が釣竿を取りストラップに竿先が、引っかかり取れました。

父は携帯を触らずに退散しました。

(テルエ)努力のかいがあった!臭いから洗ってくる!
(私)防水じゃないからダメ!
(テルエ)防水じゃなくても、お母さんの携帯は強いから大丈夫!

お風呂場に持って行き洗い出しました。

タオルで隅々まで拭いて乾かして電源を入れても着きません。

(テルエ)ん?壊れた?
(父)携帯ショップ行くから早く車に乗りなさい!
(テルエ)分かった。

私も着いて行き携帯ショップで話して見てくれました。

完全に壊れたので新しい携帯になりました。