無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
20
2018/06/05

第1話

①私の母親パート1
私の母親は天然です。
いつも変な所に物を直すくせがあります。

一年前の夏の事。

(テルエ)買い物に行こう!
と母親が言いました。

私と父は仕事が休みだったので準備をしました。

すると2階からダッシュで階段を降りてきた母親。

(テルエ)財布がない!探して!
(私)分かった!

3人で捜索を始めました。

布団の中やタンスの中や玄関を探してもありません。

キッチン捜索を始めました。
いつも母親は電子レンジの後ろに財布を置いているので見たらありません。

まさかと思い電子レンジの中を見ました。

ありました!

(私)あったよ?
(テルエ)どこに?
(私)電子レンジの中にあったけど?
(テルエ)そんな所に入れてないもん!
(私)入れてないもんって言われても、電子レンジの中にあったのは事実だしね?
(テルエ)まあいいや。買い物に行こう!

都合が悪い時は人の話を聞く気がありません(笑)

父は呆れて笑ってました。