第92話

番外編 ご都合呪い1
1,503
2021/03/07 04:07



私は滑って転んだ。



と思った……ゆっくり目を開けると…………




パチッ…………



元桜青:五条あなた



私を怪我から護ったのは……………



五条悟
大丈夫?
元桜青:五条あなた
え、、さ…悟…………お、大人?…
五条悟
怪我は?
元桜青:五条あなた
な、、、い………
五条悟
よかった。
元桜青:五条あなた
ありがとう……………
元桜青:五条あなた
怖かった…………死んだかと思った(泣)
五条悟
無事でなにより。



バァァン!!






ビクッッ


悟、あなた
!!
家入硝子
あなた!悟!わかった、、ぞ……………?
家入硝子
は?
悟、あなた
え???
元桜青:五条あなた
しょ、硝子……どうした、、、の?
家入硝子
なに……してんの
悟、あなた
……………………………
元桜青:五条あなた
あ!!いや!これはっ/////
家入硝子
ほぉう?




ゴキッ……




家入硝子
悟、あんたあなたになにしてんの?
五条悟
いや、あのー………その、これはー事故というもので
すね…はい(?)
元桜青:五条あなた
ちょ、どいてよ!!//////
五条悟
おい!馬鹿!!//////
家入硝子
悟さんよ、あんた……
五条悟
硝子!!これは!!!違っ///////



ボコッ………ボコボコッ……






チーン……



元桜青:五条あなた
逝っちゃった………
家入硝子
あなた、行こう。
家入硝子
事情はあとで聞く………
元桜青:五条あなた
うん?





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あなたの部屋にて………



家入硝子
んで、どうしてあーなってたんだ?
元桜青:五条あなた
えーっと
五条悟
ん~
元桜青:五条あなた
悟が私を怪我から護ってくれた
元桜青:五条あなた
私が……滑ったから………
家入硝子
なるほど…
家入硝子
でも、あなたはなんでタオル
一枚で男湯にいたんだ………
元桜青:五条あなた
小さかった悟と一緒に風呂入って
たから………
家入硝子
他の学生がくると思わなかったのか?
元桜青:五条あなた
くる気配はしなかったから……
元桜青:五条あなた
男湯に入っても女湯とそんなかわんない
わけだし……
家入硝子
湯はな。あなたの常識はわからん……
元桜青:五条あなた
本人が気にしなかったらよくない?
家入硝子
そういう問題じゃないんだ
五条悟
(あなたのタオル姿可愛かったなぁ~♪)
五条悟
あなた…………
元桜青:五条あなた
なに?
五条悟
これからは…………
家入硝子
(悟が言うか……)
元桜青:五条あなた
うん
五条悟
もっと男湯に入ってくんるんだ。
元桜青:五条あなた
え???
家入硝子
💢




ボコッ………




家入硝子
お前いい加減にしろよ変態教師💢
五条悟
しょ、硝子ちゃ~ん??冗談だってばぁー?
ねぇー?あなたー?
元桜青:五条あなた
え、本気かと思った………



ゴキッ、ゴキッ………




五条悟
(ヒューッ、、、、)
五条悟
あ"ぁー!
元桜青:五条あなた
マジかよ………
元桜青:五条あなた
ご愁傷様です。

プリ小説オーディオドラマ