無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2021/10/07

第3話

2
浩介side



あなたさんだっけ…

新しい妹(?)

よくわからない。

悪い人じゃなさそうだけど…

だけど……少し…怖い。

大丈夫だってわかってるのになぁ…



敬語、外すのか…。

まあいいかな。







(ドア越し)








(なまえ)
あなた
あ、あの!
敬語、外しませんか?
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
…いいですよ
(なまえ)
あなた
あ、ありがとう!
とりあえず、これからよろしく!
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
よろしく





そういえば、あなたさん、

何歳なんだろう…













あなたside


よかった。

初めの第一歩…

お父さん達、いつ帰ってくるんだろ……







(あなたスマホ)
ピコン


メールだ。



お父さんからか…


「帰るのは夜になりそう。
 夕飯は一緒に食べれると思うから。
 お昼も夕飯も作ってもらっても大丈夫か?」





(なまえ)
あなた
わかった。
っと。



(ドア越し)
コンコン


(なまえ)
あなた
あの、浩介さん、
今日のお昼ご飯何がいいd…何がいい?
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
……オムライスがいいd
オムライスがいい。
(なまえ)
あなた
わかった。
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
あなたさんが…作るの?
(なまえ)
あなた
うん
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
手伝おうか?
僕も料理…できるから。
(なまえ)
あなた
そうなんだ。
でも今はいいよ。
夕飯の時は…頼もうかな?
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
わかった




30分後




(なまえ)
あなた
お昼ご飯、できたよ。
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
ありがとう
(なまえ)
あなた
誰かとお昼するの久しぶりだな
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
そうなの?
(なまえ)
あなた
あ、聞こえてたか…
(なまえ)
あなた
実はさ、お父さん、
ずっと仕事で朝起きたらもう仕事行ってるし、
帰ってくるの22時くらいだし。
昼間はもちろん学校でしょ?
あ、学校ではクラスメイトいるから1人じゃないよ?
土日も仕事だし…。
…シングルファザーだから大変っていうことなんだろうね。
_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
そうなんだ…
(なまえ)
あなた
でも、全然寂しくないよ?
だって、慣れっこだし、
ぬいぐるみいる、し…



あなたside


あれ、なんか前がぼやけて見えない…

私、泣いてるの?

悲しくなんかないのに?





浩介side


笑って話してるけど、

目が…笑って……ない。

あなたさん、

泣いてる…?




_浩介@こうすけ_
浩介こうすけ
僕も、誰かと食べるのは久しぶりだな。
ご飯は作ってたけど、
誰かと一緒に食べたことはないし…
家族?かな、いたけど…。
学校でも、1人だったからなぁ…









なんかもう語りはじめてる。


早いですね。


何回かに分けます。





次回も見てくださったら、

嬉しいなぁ(;▽;)