無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

最終回
拓朗
あなた大丈夫なん?
伊沢さんほってきたけど。
あなた

大丈夫大丈夫!今日はパーッと行こ!

その頃
拓司
あなたのやつ
拓司
何考えてんだ、、
まぁ拓朗だから安心はできるけど、他のそこら辺の男子とかじゃなくて良かったのか、どうなのか、
一方デートしている拓朗あなたチームはと言うと、
あなた

この子めちゃ可愛くない

拓朗
そーだね!
でも、ね、あなたの方が。
水族館に来てます!
あなた

たくろー!?いつも言わないじゃん!
えっ、言ってくれるの!嬉しい!

拓朗
あ、いや、ちゃう、
あなた

たくろーの関西弁めっちゃ好きやで‪

あなた

わかってるけどね!いつも思ってくれてるでしょ!

拓朗
いやだから、違う、
あなた

何が??‪w

ごめん超いじめたくなった‪w
可愛いんだもん

拓朗
わかった、全部認めます。
山本さん
あれ?あなた何してんの?1人?
こうちゃん
山本さん待ってよ、あれあなた!
拓朗
俺が見えてません???
可能性
ぎゃ!川上さん!デートですか!いいですね。
拓朗
お前らも何してんだよ。男ふたりで
あなた

たくろー!早く行こー。山本さん達もデートだよ!早くここから立ち去ろ?

拓朗
あ、あなた待って。
あなた

へ。

拓朗
だから、ちょっと、髪の毛、
あなた

ん??

サラッとゴミを摂る
あなた

たくろー優しい!!
ギュー!!!!

可能性
密です。っ事で、僕らが離れますねぇー
拓朗
あっもう!
あなた

たくろー、ありがとう!
大好きだから、

拓朗
あなた俺もだからな!
んまぁ、ちょっ、

口付けを交わしましたとさ
その頃
拓司
ヒヤッ!

あなたが、たいへんなことになってるきがする、
やばいぞこれは、
お兄ちゃんは、鈍感でした、
END
作者
作者
今まで読んでいただきありがとうございました!!


はぁ、いい話だったのか、たくろーが、あーなるとはね、書いてる時、ニヤつきが止まりませんでした、‪w
ありがとうございました!