無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

能登谷株式会社
受付
こんにちは。伊沢さん、今日はどのようなご要件で?
あなた

あ。こんにちは。今日は気晴らしです。
QuizKnockWebに書く内容がなくて。
それを探す旅みたいな。たった数分の旅です。

受付
そうですか。ではまた。
あなた

はい。また。

少し受付の方とお話してQuizKnockWebのネタを探す。
かくことがないなぁー。

やっぱたくろーのことかこうかなぁー。

それだけはダメだよね。にぃちゃんがゆるしてくれないよ。


どうしよ。
その時
会長
伊沢さん!

こんにちは!

今回はどうしました?
あなた

会長!

こんにちは!

いや今日は、Webの記事の内容を探しに来たんです。


書くことなくて。

会長
そうなんですね。

では、
あなた

はい。また!

会長
あっ!伊沢さん。

Webに書く内容ないなら


能登谷のこと書いてくれませんか?

こちらからの依頼でお願いしたいんですが?

あなた

いいんですか?

会長
はい!お願いします。
その時、
📞トゥルルルルルルルルル
📞トゥルルルルルルルルル
あなた

あっ。すいません。ちょっと。

会長
どーぞ
あなた

もしもしたくろー?

拓司
ごめん俺。撮影始まるよ。
あなた

にぃちゃんかい。

はーい帰りまーす!

拓司
川上ーあなたが「たくろー!」
って言ってんぞー‪(笑)
あなた

それ言わなくていいでしょ!?

拓司
わかったわかった!

早く帰ってこいよ。
あなた

はーい。

ブッチ。

電話を切った
あなた

では会長失礼しますね。

能登谷のこと書いてみます!

会長
はいまた!

いい記事書いてください。
会長と別れ、オフィスに向かった。

作者
作者
遅くなってごめんなさい!


夜遅い投稿で申し訳ありません!

高校生で課題がたくさん出ているんです。


コロナでいろいろありました。

夜行性になってしまった。


ではまた。