無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話
あなたside
今晩は!菊池風磨の妻の菊池あなたです!今日は風磨くんが早く帰ってくるので、ご飯を作ってます!


今日はシチューです!最近寒くなってきましたからねぇ😱


グツグツコトコト




→20分後…


出来ました!我ながら美味しくできたと思います!よし!あとは風磨くんを待つだけ!
菊池風磨
菊池風磨
ただいま~
あ!帰って来ました!
You★
You★
お帰りなさい、風磨くん!
菊池風磨
菊池風磨
ん、ただいま。
You★
You★
ご飯出来てるよ!あ、それともお風呂が良いかな?
菊池風磨
菊池風磨
………ジッ(ФωФ)
え?なんで急にじっと見つめてくるの?え?なんで?え?なんて動揺していると、風磨くんが口を開いた。
菊池風磨
菊池風磨
なぁ、『私にする?』とは言ってくれねぇの?
You★
You★
えっ………/ / / / / 
菊池風磨
菊池風磨
ほら、旦那さんが疲れて帰ってきたら…『お風呂にする?ご飯にする?それとも私?』だろ?
You★
You★
っ!そ、そんなこと言えなi…
ドンッ(壁ドン)
菊池風磨
菊池風磨
チュッ…
You★
You★
んぁ…
菊池風磨
菊池風磨
まぁ、お前にそんなこと聞かれたらお前にするって即答するけどな…笑
You★
You★
も、もうやだ!風磨くん…お世辞言っちゃって!ほら、シチュー作ったから食べよう?
そういってキッチンに戻ろうとすると



グイッ
後ろからグイッと腕を引っ張られ、あっという間に風磨くんの腕のなか。
菊池風磨
菊池風磨
俺、あなたを食べたくなっちゃった…行こ?ベッド。
そういうと、私の手をとって寝室に移動しようとする風磨くん。
You★
You★
え、や、ねぇ?風磨くん?
菊池風磨
菊池風磨
ん?何?
You★
You★
シチュー冷めちゃうから、
菊池風磨
菊池風磨
良いじゃん。俺は今、シチューじゃなくてあなたを食べたい気分。
You★
You★
で、でも…
菊池風磨
菊池風磨
なぁ、ダメ?
なんて、上目使いでお願いしてくる風磨くん。風磨くんの上目使いには勝てなくて、ついに私は行ってしまった。
You★
You★
~~っ!分かった、後で、後でね?ね?
やってしまったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!こんなこと言ったら後で激しくされるだけなのに…
菊池風磨
菊池風磨
ニヤァ(  ̄▽ ̄)よし、分かった。後で…な?はい、飯食おう!
You★
You★
う、うん……
→ねくすとたいむ




短くてごめんなさい!次にあーるじゅーはち入ります!期待しないで待っててください!笑