無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

濡れ過ぎ
健人side





健人
ね、濡れ過ぎ
あなた
んっ、うるっ、さ////






まあ、俺が触ってるのが


原因なんだけど(





あなたのソコは

もう指がするする入るくらい

ぐちょぐちょだった







健人
そろそろ、俺も気持ちよくさせて?



と言い、


中に入れる







あなた
あっ、あぁ////
健人
んっ、おま、やばすぎ




きゅうっと中が締まって


俺のが締め付けられる





つい、声が出てしまった

恥ず、





健人
はぁっ、んっ、、動く




ゆっくりと腰を動かすと



あなたは甘い声を出す




あなた
はっ、あ、んんっ///////
健人
はっ、気持ち?



あなたの言葉を聞きたくて


俺と同じ気持ちなのかなって

思って
あなた
気、、持ち、いです//////


と、小声で呟いた





もうさ?

どんだけかわいーの




俺の胸がきゅんって

なったよ





それが重なって

俺の興奮はもう頂点に達して
健人
んっ、イくっ////
あなた
んっあ!///




















はぁ、はぁ、

とあなたを抱きしめながら

息を整える
健人
はぁ、、、ねえ、キスして


と、まだ息が上がっているあなたに

声をかける





裸で抱き合ってるから

てか俺が一方的に抱きしめてるんだけど←


更にドキドキしてる


あなた
え、、、うん、いよ//



ちゅっと俺の唇に


可愛らしくキスを落とす




そんなんじゃ足りなくて


健人
短ーい
あなた
え、
健人
もぉっと甘いの



だんだん眠気が襲ってきた


でも、あなたの愛情を感じたくて


あなた
も、寝ぼけてんの?///
健人
俺から、してもいいよ〜?激しいの
あなた
!?、、ほら、寝てっ



あー

眠たすぎてふわふわする


今日早起きしたもん







でも、
健人
ちゅ、、
あなた
、、、分かったから、





ちゅーーーっと長くキスをするあなた
あなた
ふ、、これでいいでしょ?///
おやすみ
健人
ん、ありがと笑
ずっとギュってしてろよ?




と半分目を閉じた感じで

優しく ふっ と笑い

あなたに問いかける



あなた
当たり前、、じゃん////



ふはっ笑



かわい





健人
おやすみ、
あなた
おやすみ





裸なのも、もう良くて



体温を直接感じながら




ゆっくり目を閉じた