無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

映画鑑賞
あなたside

どーもどもども!!!!

今日は家で映画を見るんです!!




何を見るかって?

知らない!!!(え



あなた「ねー何見るの?」

健人「え、黒崎くん」


それ、かなり前じゃん笑



ん?

黒崎くん????




あなた「やだ」

健人「なぜ」



だって、

妬くもん私、()


あなた「やだそれ」

あれは、ダメだよ

だって ねえ?(語彙力




健人「ヤキモチー」

あなた「うん、妬くからやだ笑」

健人「じゃあ、何するの?ベッドで営む?ん?」

あなた「はっ??え?!映画で!!」


バカかこの変態が((

こんな明るいのに、

営むとか言わないで貰っていいですか?←


てか、勢いにつられて「映画」って言っちゃったし!!!!





しょうがない、心を無にして見よう


あなた「なんか飲む?」

健人「飲むー」


私はコップに飲み物を注いで

適当にお菓子を持ってソファに戻った



健人「ガルボー」

あなた「何なのガルボのこの食感?!」(CM(風磨のセリフ

健人「せめて俺のセリフ言えや笑」

あなた「茶番に文句つけるな笑」



みんなクリアファイルゲットした?!

ちなみに作者は全種類ゲット!!(どうでもいい


本編戻ります(ぺこり








ストンと健人の隣に座ると


健人「ねえ、そこじゃないでしょう?笑」

あなた「、、」



トントン、と膝を叩いてる中島

俺の膝に座れ、という合図



無理やり黒崎くん見せようとする奴の

膝なんかに座るかよ!!!




あなた「や、ここでいい」

健人「冷たくない?!笑」

あなた「冷たくない」




ははっと爽やかに笑う中島は

いつも余裕だね



健人「ねー、好き」

あなた「うん」

健人「あなたは?」

あなた「好きだよ」

健人「あなたーーー♡」

あなた「も、暑い」





なんかいい雰囲気にしたそうな中島だけど

タイミング悪く

本編が始まったので

テレビ画面に視線を戻した