無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

甘えん坊
あなたside





ぐでーーん

そんな効果音が似合いそうなくらい

だらだらひっついてくる

私の彼氏さん




あなた「健人、重い」

健人「ねーむー、、、一緒に寝よ?」


一緒にって、

同じベッドに入ったら


あなた「絶対それ寝ないじゃん」

健人「バレた?」


やっぱコイツ、襲う気 満々じゃん


健人「ねーえー、、エッチしよ?」

あなた「セクハラ」

健人「雑誌ばっか読んでないでよー」




こんな真昼間からそんな事

するわけないじゃん




なんだなんだ今日は


私は雑誌に夢中になってるフリをする

じゃなきゃ襲われるもん((




あなた「あ、風磨くんだ」

健「え?菊池?」



たまたま開いたページに風磨くんが載っていた


なんか、Sexyだな笑



あなた「健人のシンメ、やっぱかっこいいわ」

健人「ひどくない?笑」












やっぱさ?

こう、ツンデレっていいよね分かる???


分かれ(強制









健「あなたーー、雑誌おいて」


かれこれ30分こんな調子(なげーな

流石にかわいそうかと思い


パタン、と雑誌を閉じる




しょうがない、構ってやるか笑




あなた「はぁ、何?笑」