無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

手料理
健人side




あなた
じゃじゃん!
健人
おぉ!✨



目の前には



俺の好きな寿司

それから

あなたの手料理の中で1番好きな

ふわふわのオムライスが。




あなた
頑張った!すごい私!(自分で言った
健人
もーマジうまそう!あなたすげぇ!
あなた
スーパーで中トロ買ってきてさ、寿司握ってたら手がお酢臭くなって大変だった笑
健人
ありがと笑 おつかれ様
あなた
健人こそ、おつかれ



ニコッと幸せそうに笑うあなた



あぁぁぁ、イチャイチャしてぇ、





でも、ご飯冷めちゃうし、今は我慢だ


健人
くぅーー美味!!
あなた
良かった良かった
健人
うおっ、オムライスふわっふわ!
あなた
いちいち反応が小学生なんだよな
健人
少年の心を忘れない!的な?笑
あなた
わすれなさそうだね、健人は
健人
んんっこれもうまっ
あなた
聞いてないし、笑




これ、うめえ


あっ、あれもやべぇ!!





健人
んふ笑
あなた
え、どした?笑
健人
ん?俺、今すっげぇ幸せ
あなた
........っ////
健人
??なんか、顔赤い...


と少し立ち上がって

目の前に座るあなたの頬に手を添える





あなた
や、あの、、ちょっとキュンってしただけ//////









なにそれ







健人
俺の事大好きじゃん笑
あなた
はいはい、大好きですよーっ
健人
ふはっ笑 かわいいやつ



と、あなたに近づき

前髪を上にあげ、おでこにちゅっとキスをした






あなた
っ// 
健人
ここは、あとで♡



と、あなたの小さな唇を

ちょんっと触る













あなた
〜///