無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

夜ご飯を作ります
健人side




エプロンなんてつけてさ????



メンバーの前で




何ご飯作ってんの、マジで





俺だけが食べていいものじゃん



あなたの手料理は






嫉妬と独占欲であなたをぎゅうっと抱きしめる






あなた
作りにくい
健人
いいの
あなた
よくないでしょ
健人
俺の〜....



結局 あきらめて

抱きしめたられたまま料理を続けることにしたあなた





健人
うわ、うわぁー
すっげぇその切り方
あなた
いや、普通....笑



さっきまで大きかった野菜が



みるみるうちに小さく切られていって





女子ってすげぇ







あなた
よし、完成!!
勝利
よっしゃー
風磨
ふふっw
楽しみ〜
あなた
怖い怖いw
マリウス
うわ〜おいしそう!




メンバーに食べさせるなんてそんなの思ってなかった....



やだよ〜俺のあなただよ〜....






健人
あなた、後で覚悟しとけよ


あなたの耳元でそっと耳打ちをする





あなた
えっ....!
健人
ふはっ笑
楽しみだね♡
風磨
あなた、襲われんじゃね?笑
あなた
....!
聞こえてたの!?
勝利
今日、泊まってこうかな←
健人
だめ。夜は俺が甘やかすから

あなたside






すると頬に温かいものが触れた



ちゅっ、というリップ音で何が起きたか理解する
あなた
なっ....!?///
健人
ねっ?♡
マリウス
ラッブラブ〜
あなた
離れろ!!



と、無理やり健人を突き離し



テーブルに親子丼を運ぶ
健人
痛い....




と、少し落ち込んだ健人





....だから!そんな子犬みたいな顔でこっち見ないでよ




運び終えると 壁にもたれて落ち込んでる健人に近寄る





勝利
うわっ!うまそう!
風磨
いただきまーーす!
マリウス
風磨くん!手 洗わないと!!
風磨
ママ....
マリウス
ママじゃない!!笑
あなたちゃん、ちょっと洗面所借りるね
勝利
俺も手 洗う〜




SexyZone、しっかりしてんな(そこ?






あなた
いってらっしゃい




メンバーがいなくなったリビングで健人と2人
あなた
ねえ、ごめんね?
健人
別に良いけど。
全然気にしてないし




子供みたいにツンっと唇を尖らせる健人が可愛くて




おもわず ぎゅうっと抱きしめた





あなた
健人が1番だから
健人
....素直になるなよ
いきなり

そう言いながら


私を上から包み込む
マリウス
ちょ、風磨くんやめて!!
風磨
ふはははwwww



廊下からみんなの声が聞こえたからもう戻ってくるんだろう



あなた
健人、そろそろ....え!



ぐいっと腕を引っ張られ、



キッチンの隅に座り込む形になる




ガチャ
勝利
....あれ?あなたと健人くんは?
マリウス
どこー?
私達を呼ぶ声が


ここからは見えないけど そばで聞こえる
あなた
け、健人?
なんで隠れたの?
健人
しーっ
あなた
え、
んぅ....!?////



いきなり唇を押し付けた健人





あなた
ちょ、....ふぅ/////




ちょっとした隙をついて、舌を絡ませてきた




健人
俺しか見ないで
あなた
バレ、たらどうするの/////
健人
別にいい




そう言いながらまた唇を重ね、


私の後頭部に手を回し深く口づけた。







風磨
....こっちじゃね?(ニヤニヤ
あなた
(やばい、バレる....!)


目でそう訴えても、



健人は唇を離してくれない