無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

拗ねてるの?
健人side





健人
おいで?




って腕を広げるのに




プイッと顔をそらしたあなた。











え?



あの国民的王子が腕を広げてるのに(自分で言った



こないの??





そんなに拗ねてるの?




俺が冷たくしたから?














ねえ



















































可愛すぎ









健人
こないの?
あなたちゃーん
あなた
行かない
健人
ごめんねって
あなた
許さない
ギュ










俺は後ろから強く抱きしめた
































あなた
え、








チュ







あなた
....はっ////
健人
ばぁか
こっち見ろよ
あなた
ちょ、


顔を真っ赤にするあなた







不意打ちってやつ?




こういうの、好きでしょ?







あなた
やめてっ
健人
怒ってるの?
あなた
怒ってr
健人
俺を見ろよ
あなた
健人
何、かっこよすぎて何も言えない?




フッと余裕そうに笑った。




可愛すぎて苦しくなる。







あなた
自分で言うな
健人
ははっ笑







じーっと見つめるあなたの目は




ちょっと潤んでいて








あぁ、怖がらせたのかなって




健人
俺怖かった?
あなた
うん、すっごく
健人
ごめんね
お詫びにキスしてあげるから
あなた
....なにそれ笑
健人
ほら、目ぇ閉じて





と言うと



少し恥ずかしそうに笑って



ゆっくり目を閉じた









その唇に俺のを重ね合わせる





音のない、静かで甘いキス












柔らかくて、離したくなくて





俺はさらに深く口づけをする。