無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

あれぁ〜……
ボク
ちょっとね……うん。
ボク
もしかしたら…ちょっとね。
ボク
活動できんくなるかもしれへんわ……^^;
ボク
アンチ怖え……アカウント消えたあとも被害を被ってお来になさる
ボク
いや…まぁ…煽りに行ったのは俺やけどな???
ボク
だって…大好きな人が、あれで自殺とかになっちゃったら…怖いじゃん……
ボク
だから…ちょっとね。
ボク
ちょっとこあいわwww
ボク
やっべ笑い事とちゃう…