無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

大事なことは何度でも。
ボク
大切な事ほど何度も繰り返したいですね。
ボク
何人もの人が、民度について話しています。
ボク
それは、それほどに大切なものだから。
ボク
僕は、民度の話は見つけたら見ています。
ボク
何かやらかしてたら、怖いから。
ボク
自分のせいで、我々ださんが、二次創作を駄目だと、してしまったら。
ボク
怖いですよね?
ボク
マナーは守りましょう。
ボク
わからないなら学べばいい。
ボク
そして行動を改めればいいんだと思います。