無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

317
2021/07/13

第14話

ナムジュンside
ナムジュンside
俺はまだこの2人に肩を貸してもらっている状況


体調そこまで悪くないのに……2人なんて大袈裟だ


テヒョン
テヒョン
映画が好きでよく一人で見に来ます
テヒョン
テヒョン
そしたら偶然トイレで先輩と会いました
よく平然と嘘つけるな……


俺だったら目を泳がせやけに挙動不審って言われて嘘が下手って言われるのに……


テヒョン
テヒョン
でも会った時には既に体調が悪かったらしく病院行った方がいいなと……
マリヤ
マリヤ
そうなん…ですね そちらの方は……
そちらの方とは少し重そうに俺を肩で支えるユンギ先輩


どんなことを言うのだろうか


ユンギ
ユンギ
……俺のことは気にするな 
マリヤ
マリヤ
?はい、あの私も一緒に病院行きます!
ユンギ先輩は変わらずクールだ


そしてマリヤさん本当にいい子……


ユンギ
ユンギ
いや、ここは俺らに任せとけ
マリヤ
マリヤ
でも、
ユンギ
ユンギ
名前は
マリヤ
マリヤ
え?
ユンギ
ユンギ
な、ま、え
マリヤ
マリヤ
あ、ま、マリヤです
なんて積極的で強引なんだろうかこの先輩は


ユンギ
ユンギ
そうか、マリヤ こいつは体調悪くても人に気を使わせちまうそんなお人好しなやつだ
ユンギ
ユンギ
そこでマリヤが来たら こいつは間違いなく気を使わせちまう
……そんな知り合ってまもないのによく知ってるな


ナムジュン
ナムジュン
💭ごめんねマリヤさん……
ナムジュン
ナムジュン
ごめんね……
テヒョン
テヒョン
大丈夫 先輩の事は僕に任せてください それじゃお気をつけて
2人は丁寧にお辞儀をして 俺を病院に連れていくのだそう……


もちろん嘘


マリヤ
マリヤ
はぁ……、
……そういえばこの後どこに連れていかれるんだろうか俺は






………………俺の目の前にはでっかいお城……


いかにもヴァンパイアが住んでそうな……


いや、実際に隣にいるのではないか……
間違いなく俺今日殺されるかもしれない


ナムジュン
ナムジュン
な、なぁ 俺もう帰るよ ほら、明日仕事だし
テヒョン
テヒョン
……何言ってるんですか今日から一緒に"僕達"と住むんですよ?
ユンギ
ユンギ
……お前に拒否権はない
そ、そんな無茶苦茶な……


本当の悲劇はこれから始まるのか?!


クッソ なんて悪運で可哀想な俺なんだ


テヒョン
テヒョン
それ自分で言いますかね……