無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

324
2021/07/21

第15話

一緒に住む
ナムジュン
ナムジュン
お、お邪魔します
初めて入るお城みたいな家


いかにもヴァンパイアが住んでそうな


↑これ言ったの2回目だな


ユンギ
ユンギ
一緒に住むんだから挨拶いるか?
いや、まだ決まったことじゃないし


なぜ一緒に住む前提で話を進めるんだろうか


まさか 日本語話せるって見せ掛けて ヴァンパイア語じゃないと話が通じないのか?!


テヒョン
テヒョン
はぁ、先輩、いや、ナムジュニヒョンさすがにヴァンパイア語はありませんよ
あ、忘れていた 俺の心の声が聞こえるんだった


ユンギ
ユンギ
少しでも「逃げよう」と考えたら お前を喰うからな ニヤ
ナムジュン
ナムジュン
ウッ、💭綺麗な顔してニヤ顔はダメだろ…
ナムジュン
ナムジュン
でも、なんで急に一緒に住むなんて話が出てきたんだ?
あの出来事から俺たちの関わりが深くなった気がする


けどあの出来事と一緒に住むってなんの関係があるんだ?


ユンギ
ユンギ
それよりトイレでの続きをするぞ
そう言って上着を脱ぐユンギ先輩
ユンギ
ユンギ
これから家族になるんだヒョンと呼べ
ナムジュン
ナムジュン
え、でm
ユンギ
ユンギ
ひょ ん と よ べ
なぜ強調するんだ……


ナムジュン
ナムジュン
分かりましたユンギヒョン……
テヒョン
テヒョン
僕のこともテヒョンアと呼んでください
ナムジュン
ナムジュン
うん、
はぁ、俺は強く断れないタイプ 俺の弱点……


ユンギ
ユンギ
ほらこっちこい
ナムジュン
ナムジュン
んぇ?
急に引っ張り出すから 間抜けな声が出てしまった


ナムジュン
ナムジュン
うわっ
リビングであろう場所にすぐそこにソファがあり


そこに押し倒される


ドサッ
ユンギ
ユンギ
男の血を飲むのは初めてだ しかも俺よりでかい男なんて尚更
ユンギ
ユンギ
妙な気分だ
ナムジュン
ナムジュン
じゃなぜ俺なんです?!
ユンギ
ユンギ
黙れ もっと血が欲しいんだろ?
テヒョン
テヒョン
ユンギヒョンちょっとヒョン達とジミナとグクを呼んでくるので
テヒョン
テヒョン
くれぐれも殺さないように
こ、怖い!


殺さないとか言ってたじゃないか!


ユンギ
ユンギ
大丈夫だ んじゃ続き
ユンギ
ユンギ
それにしてもこの匂い香しいな
ナムジュン
ナムジュン
んっ あ、あんまり嗅がないでください!!
ユンギ
ユンギ
はは、
ゆっくりと迫ってくるユンギヒョン ドキドキしちゃいけないのに


緊張してしまう