無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

✿ wanna
BoA   " wannaone です ! "
その一声で、私達の生活は始まった。
ソンウン
起きろ~
学校だろ~
you
ねむい、あと5分
ソンウン
あと5分でチャイム鳴るけど。
you
ふぁっ...?!
今何時よ
ソンウン
8時29分。
you
ねぇなんで起こしてくれなかったのねぇ?!
ソンウン
起こしたし、10回
you
あ、ごめんなさい起きます
ここは私達の家で、wannaone の宿舎の隣に位置している。
ソンウンおっぱは、私のお兄さんで 毎日ちゃんと帰ってきてやりたい、という想いから
宿舎の隣の家を借り、私に会いに来てくれている。
ソンウン
じゃあ俺行ってくるね ?
you
あ~ いってらっしゃい~
ソンウン
いってらっしゃいのぽっぽは?
you
え?ばかっっ
ソンウンおっぱは wannaoneのメンバーで
とっても人気があって忙しい。
今日は、私が学校から帰ってきたら wannaoneのメンバーさん達とお食事に連れて行ってくれるらしい。


私は急いで学校に向かった。