無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

✿ talk
私は家に帰って、 急いで準備をした。

少し 巻いた髪を上の方で結んで、白色のワンピースの上に 丈の短いデニムのジャケットを羽織る。

赤いコンバースを履いて出ると、 出口でおっぱが待っていてくれた。
you
遅くなってごめんね !!
ソンウン
いいよいいよ~
you
ありがとう~
ソンウン
学校は?どうだった?
you
楽しかったよ !
ソンウン
それは良かった~
そんな他愛もない話をしながら歩いていると
飲食店についた。