無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

16
2021/02/20

第2話

日記的な何か。需要なし。


※深夜テンション失礼



どうも作者です。全く眠れなくて、深夜3時になってしまいました。(明日学校)


夜って情緒不安定になりやすいですよねほんとに。


夜が一番好きで一番嫌いです。

心地いいけど来て欲しくないみたいな←



今月はテストが控えていて、そのためのテスト勉強を塾で2週間弱やらなければ行けません。

死にそu((


いや、わしは明日の朝ごはんのために生きるんや...


※ふにゃふにゃしながら書いてるから話がどっか行っちゃうの許して





作者の住んでるところは雪が死ぬほど降ってきて、不便不便不便です。助けてください。


毎日雪かきして肩と腰痛めるっていう日常。




そして作者は「シチュエーションボイス」というものにはまりました。

気になったら調べて見てね〜






ということでもう寝ます。


なんか最近、ちょっと要らないなって思うとすぐにその小説消しちゃうくせがある

多分これもそのうち消す



ばいばい!