無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

35






俺がなんて言おうか




少し戸惑ってたら




あなたが複雑な表情のまま




話し始めた












あなた
あなた
急にこんな事言われても困るよね
あなた
あなた
本当にごめんなさい
髙橋海人
髙橋海人
いや、謝ることじゃないよ!
あなた
あなた
私どうしたらいいんだろ
髙橋海人
髙橋海人
あなたはどうしたいの?
あなた
あなた
私は...




俺がそう聞くと




あなたは泣きながら




自分の想いを伝えてくれた















あなた
あなた
私は...産みたい
あなた
あなた
でも、私たちはまだ結婚もしてない。
あなた
あなた
それに海ちゃんは芸能人でもある
あなた
あなた
そして、私は末期の癌患者
あなた
あなた
簡単に産める体じゃない
あなた
あなた
しかも、お腹の子が産まれる時期と
私の余命がかなり近い
あなた
あなた
そんなことは分かってるんだ。
あなた
あなた
でも...それでもね...?
あなた
あなた
お腹の子は生きてる
あなた
あなた
だから、私は生きてる限り
あなた
あなた
自分の命を犠牲にしても
あなた
あなた
新しい命を守りたい
あなた
あなた
私たちを選んで来てくれた
この子を守り抜きたい








俺はあなたからこの言葉を聞かされた瞬間





固く決意した











俺が家族を守る













だから、俺は精一杯の力で



あなたを思いっきり抱きしめた











NEXT.