無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11





あなたside













今日は、病院の定期検査の日



なんにも異常ないといいな…














ー病院ー











病院の先生
そうですね
特に問題はなさそうですね
病院の先生
この調子で頑張れば
もしかしたら
病院の先生
長生きできるかも知れませんね
あなた
あなた
本当ですか!?
病院の先生
だから、頑張りましょうね
あなた
あなた
はいっ!!






とりあえず何にも異常がなくて良かった〜





お会計を済ませ、外に出て


家に帰ろうとした時だった













あなた
あなた
ドンッ
ドンッ
あなた
あなた
すいませんっ…顔を上げる
すいません…顔を上げる
あなた
あなた
あれ…?
もしかして…
あなた
あなた
大ちゃん??
有岡大貴
あなた!?
あなた
あなた
どうしてここに…?
あなた
あなた
引っ越したんじゃ…
有岡大貴
ここじゃなんだから、
近くのカフェでも行かない?
あなた
あなた
うん

大ちゃんこと、有岡大貴とは


小さい頃からの幼なじみ


でも、中学卒業をきに、


本格的にジャニーズ活動をするために


他の街へ引っ越しちゃったんだ












ーカフェー








有岡大貴
実はさ、
数ヶ月前にまたここに
引っ越してきたんだ
有岡大貴
やっぱりここの街が
住みやすいなーって思って
あなた
あなた
そうだったんだ
あなた
あなた
なんか、
昔とあんまり変わってないねw
あなた
あなた
でも、テレビで見るより
本物の方がかっこよく見えるけどw
有岡大貴
まじまじ!?
あなた
あなた
うんw
有岡大貴
てかさ、
なんで病院にいたの?




大ちゃんになら言ってもいいのかな…







あなた
あなた
実はね…
あなた
あなた
私、癌なの…
有岡大貴
えっ!?
有岡大貴
が、癌…?
あなた
あなた
うん…
あなた
あなた
それでね、
余命宣告されてるんだ…
有岡大貴
余命…?
あなた
あなた
後、1年半
あなた
あなた
今日は、定期検査に行ってきたの
あなた
あなた
でもね、
今のところ問題がないから
もしかしたら、長生きできるかもって
有岡大貴
そうだったんだ…
有岡大貴
なんかゴメンな
こんなこと聞いちゃって
プルルル📞
有岡大貴
あっ、ちょっとごめん




数分後







有岡大貴
ごめん、
事務所に戻んないと
あなた
あなた
そっか!
頑張ってね
有岡大貴
うん!
あっ、あとさ
有岡大貴
これ!
(電話番号の書いてある紙を渡す
あなた
あなた
えっ?
有岡大貴
なんかあったら
いつでも相談乗るからさ
あなた
あなた
大ちゃん…ありがとう
有岡大貴
それじゃ!!




やっぱり

大ちゃんは優しいな




今も昔もずっと優しい大ちゃんだったな












NEXT.