無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5





海人side







ー仕事終わりー






はぁ…

今日も疲れたなぁ〜



それにしても、紫耀の濡れおかき

何気に美味しかったな(*´ ∨`)



今日の夜何食べよっかな〜








そんなことを考えて歩いていたら



誰かと衝突してしまった









あなた
あなた
イタッ
髙橋海人
髙橋海人
す、すいませんっ!
髙橋海人
髙橋海人
大丈夫ですか!?
髙橋海人
髙橋海人
怪我してないですか!?
あなた
あなた
だ、大丈夫です…!
私の方こそすいません!
あなた
あなた
それでは…



俺は、あなたを見た瞬間


運命だと感じた



そう、一目惚れしました







だから、帰ろうとした

あなたを呼び止めた





髙橋海人
髙橋海人
待って!!
あなた
あなた
え…?






そして、




髙橋海人
髙橋海人
俺、あなたに一目惚れしました!



想いを伝えた





あなた
あなた
…はぁっ!?
髙橋海人
髙橋海人
あの…また会えませんか!
あなた
あなた
い、いやいや…
今、会ったばかりですし…
髙橋海人
髙橋海人
明日の午後8:00…
ここで待ってます!!
あなた
あなた
きゅ、急に言われても…!
髙橋海人
髙橋海人
絶対に来てくださいね!!



俺は


また話したいって心の底から思ったんだ!



だから、名前も名乗らずに

会いたい!っていう想いを必死に伝えた…















来てくれるかな…


















ー翌日ー














髙橋海人
髙橋海人
(。・・。)ぼぉ~
神宮寺勇太
神宮寺勇太
おい海人ー
ぼぉ〜っとしてどうした?
髙橋海人
髙橋海人
いやぁ〜、ちょっとねぇ〜
永瀬廉
永瀬廉
なんかあったん?
髙橋海人
髙橋海人
それは…ねぇ〜( -᷄ ᴗ -᷅ )
岩橋玄樹
岩橋玄樹
なんかめっちゃニヤけてる…
岸優太
岸優太
とうとう海人もやばくなってきた…
髙橋海人
髙橋海人
でへへ〜
平野紫耀
平野紫耀
なんか、今日のお前キモイ…
髙橋海人
髙橋海人
そんなことないよ〜ヘヘッ
永瀬廉
永瀬廉
とりあえず何があったん?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
まさか恋とか…?w
なわけないか〜
岸優太
岸優太
それはないだろ〜w
神宮寺勇太
神宮寺勇太
どうなの?
髙橋海人
髙橋海人
( ⸝⸝⸝•_•⸝⸝⸝ )
平野紫耀
平野紫耀
えっ、まさか…
髙橋海人
髙橋海人
一目惚れ…しちゃった
King&Prince
King&Prince
えぇぇ!!!!!!
岩橋玄樹
岩橋玄樹
誰々!?
岸優太
岸優太
名前は…!?
髙橋海人
髙橋海人
名前は…
わかんない…w
永瀬廉
永瀬廉
はぁ?海人…お前
名前も知らない人に一目惚れしたん?
髙橋海人
髙橋海人
うん(  ´﹀` )
平野紫耀
平野紫耀
てか、名前も知らなかったら
もう会えなくない?
髙橋海人
髙橋海人
だから今日ね、夜の8時に
その場所に来てください!!って
言ったんだ〜
神宮寺勇太
神宮寺勇太
本当にくるの?
髙橋海人
髙橋海人
それは分かんないけど、
来てくれたらいいな〜って!
岩橋玄樹
岩橋玄樹
まぁ、来てくれるといいね…!
髙橋海人
髙橋海人
うん!!











ー夜ー











はぁ〜


そろそろ8時だ!


来てくれるかな…?







ー8時すぎー





来てくれるといいな...









ー9時ー






来ないなぁ...






ー10時ー





もう2時間たったのか...



やっぱり、一目惚れなんて



バカバカしいよね。



家に帰ろっかな...



帰ろうとしたその時だった








あなた
あなた
「・_・ )(「・_・)"キョロキョロ





あっ、あの人…









絶対にそうだ!!














髙橋海人
髙橋海人
本当に来てくれたんだ!
あなた
あなた
えっ…!?





俺はすっごく嬉しかった



来てくれただけでも!



だから、


ご飯に誘ったんだ!



しかも、今日は誕生日だったから


俺にとって特別な日に


あなたさんと


一緒に過ごせて


めっちゃ嬉しかった!!



















この数ヶ月後…



あんなことになるなんて



思ってもいなかった…












NEXT