無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

45






海人side














はぁ〜疲れたぁ


それにめっちゃお腹すいたな


今日のご飯なんだろ...


早く食べたいなー


あなたにギューもしたいなー


いや、チューしたいなー







なーんてことを考えながら帰宅








俺はいつも通り


玄関のドアを開けて


「ただいま〜」って言う


そしたら「おかえり〜」って


あなたの優しい声が出迎えてくれて


俺の疲れが一瞬にしてとんでいく......















髙橋海人
髙橋海人
ただいま〜!















はずなんだけど...














あなた
あなた
おかえり、








今日のあなたの声は


優しい声じゃなくて


冷たい声だった






(いや、冷たい声って何?←














NEXT.