無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

33









あなたside





















PM9:00














多分もうそろそろ













海ちゃんが帰ってくる















海ちゃんになんて言ったらいいんだろ




















嬉しいはずなのに嬉しくない













この微妙な気持ち。。。















"妊娠した"なんて













私の場合そんな簡単に言えない


















ましてや、結婚もしてないのに。。。






















そうこうしているうちに1時間が経っていた





























ガチャ🚪

















髙橋海人
髙橋海人
ただいま〜














帰ってきちゃった。














どうしよう……















いつ言ったらいいの……?















今?












それとも寝る前?





























髙橋海人
髙橋海人
………あなた……………あなたー!!
あなた
あなた
え!?
髙橋海人
髙橋海人
どうした?
あなた
あなた
あっ、ごめん。
あなた
あなた
今ご飯準備するから…
髙橋海人
髙橋海人
あ、うん

















海人side

















なんかあなたの様子がおかしい
















いつもなら「おかえり〜」って












飛びついてくるのに…














名前呼んでもなかなか気づかなかったし、、、

















てか、"話"って何だろう………
























※ 少し飛ばします!











あなたside




































髙橋海人
髙橋海人
あ、そういえばさ
髙橋海人
髙橋海人
話ってなに?
あなた
あなた
あっ、ごめん!忘れてた















忘れてた












なんて真っ赤な嘘。。。




















ずっといつ言い出そうか迷ってた






















でも、海ちゃんの方から切り出してくれたから












少し話しやすくなったかも。




























あなた
あなた
あのね、
あなた
あなた
私妊娠してるみたい。
髙橋海人
髙橋海人
え、、





























そりゃ驚くよね…。


















そんなの当たり前だよね……




















だって、










私にはもう残された時間が少ないんだもんね























NEXT.