無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
病院の先生
はっきりと申し上げます…
病院の先生
あなたは癌です
病院の先生
あなたの命は
長くて1年半でしょう…
あなた
あなた
えっ…
あなた
あなた
もう…治らないんですか…?!
病院の先生
現在の医療機関では
治す方法がまだ定かではありません…
あなた
あなた
そんな…










1年半か…









1年半って、何が出来るのかな








私…たくさんやりたいことだってあるのに…











気づいた時には
私の瞳から何粒もの涙が零れていた













そんな時、誰かとぶつかった
















あなた
あなた
イタッ
髙橋海人
髙橋海人
す、すいませんっ!
髙橋海人
髙橋海人
大丈夫ですか!?
髙橋海人
髙橋海人
怪我してないですか?
あなた
あなた
だ、大丈夫です…!
私の方こそすいません!
あなた
あなた
それでは…



急いで帰ろうと思って


歩き出した時だった















髙橋海人
髙橋海人
待って!!
あなた
あなた
え…?




私は青年に腕を掴まれた
















髙橋海人
髙橋海人
俺、あなたに一目惚れしました!!




.
あなた
あなた
…はぁっ!?


今なんて言った…?


一目惚れ…?







髙橋海人
髙橋海人
あの…また会えませんか!
あなた
あなた
い、いやいや…
今、会ったばかりですし…
髙橋海人
髙橋海人
明日の午後8:00…
ここで待ってます!!
あなた
あなた
きゅ、急に言われても…!
髙橋海人
髙橋海人
絶対に来てくださいね!!
あなた
あなた
それでは…
髙橋海人
髙橋海人
待ってますから!!
 














一体なんだったんだろ…






不思議な人だったな〜…








明日の午後8:00か…












って、私には時間がないの!!







そう。私には時間が…





忘れなきゃ!!















でも、優しそうな人だったな…













NEXT