無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,669
2021/04/18

第5話

3話
あなたside
貴方
貴方
あのっ… ! 
そう僕が慣れない大きな声を出したら なんだか その場にいた全員が固まってしまった 。 
貴方
貴方
えっ… あの…
なにか不味いことでも言ってしまっただろうか… 流石に こっちを見ながら …ずっと黙ってられるのは 気まずい…  僕は何をいえばいいのかわからなくなって 黙ってしまった… 
月島蛍
え  妃 あなたさんデスカ ? …
そしたら 背が大きい メガネくんが口を開いた
貴方
貴方
えっと… はい… そう…デス
僕は戸惑って所々途切れていて聞にくい 言葉で返事を返した… 聞こえたかな… ? 伝わってたらいいんだけど… ね
山口 忠
ツッキー ! 置いてかないでよ ! ! ! 
ツッキー ? … 外国人… かな… ←違います
なんか また おっきいのが来た…
月島蛍
何、 山口
山口 忠
ってこの人誰 ? 
日向 翔陽
なっ ! お前、山口 ! 妃 あなたさんのことを知らないとか お前どんだけ 時代遅れなんだよ ! ! 
時代遅れ… ね… どっちかと 言うと俺の事知ってる方が 時代遅れだけどね… 僕的には 忘れて欲しいんだけどね…だって… もう… 僕は 『 元日本代表選手なんだから 』
山口 忠
えぇ ! ? あの 妃さん ! ?
そうだよ… あの妃だよ …
貴方
貴方
は…い
月島蛍
顔も声も同一人物デショ
まぁ… 顔は覚えられているからな…
山口 忠
本当だ !  ! ! 
貴方
貴方
山口… くんと…  ? …
山口 忠
あっ 山口忠 です ! そして こっちは 
月島蛍
月島蛍デス
月島… あっ… だから ツッキーか…
貴方
貴方
僕は… 
月島蛍
知ってマス
貴方
貴方
あっ そっか…
雑誌に勝手に僕のプロフィールとか個人情報載せてた人がいたからなぁ…
貴方
貴方
じゃあ 僕… そろそろ行来ますね…
月島蛍
はい
日向 翔陽
あなたさん ! また ! 
貴方
貴方
… うん…
また… ね… 会えたらね
明日死んでるかもしれないけど… 『 また 』 って言って貰えて なんだから 嬉しいよ… 
______________________
西谷side
『 今日、うちのクラスに転校生が来るらしいぞ 』
そんな声が朝から耐えないクラス中がザワザワしている どんな奴が来るのかと聞いても 『 西谷が喜ぶぞ 』 と言われた 。もしや… 美女 ! ?

なんだ ? 有名人でも来るのか ? まぁ 美女だったらなんでもいいがな ! ! あっ 先生来た
先生
先生
今日は 転校生を紹介するぞー
先生
先生
入ってきていいぞ
                   『  はい  』
そう男の用な低い声が聞こえた もしかして… 男 ! ? 
そしたら 
妃
女子
きゃーーー♡♡
白い男が入ってきた ん ? それより なんか こいつの顔… どこかで…
先生
先生
自己紹介してくれ
妃
コクッ…
めっちゃ 静かだな
妃
妃… あなた… 梟谷高校から… 転校…してきました…
やっぱり こいつ どっかで見た事ある… って 
西谷夕
西谷夕
あああああ ! ! ! 
妃
ビクッ
こいつッッ ! ! ! あの 日本代表選手の
西谷夕
西谷夕
お前 あの 妃 あなた選手 ! ? ! ? 






Contiued to next time ☆。.:*・゜ ⇄