プリ小説

第27話

24
あなたSidestart





















昨日で私のジョングクにたいするきもちは一変した。












最初は苦手だったのに、













こんなに私の気持ちは変わってしまうなんて。
















今は喋るだけでも頬がほてる。











好きになっちゃったのかな、。















自分の気持ちに嘘つきたいけど、


体は正直だった。























今日の夜も私はジョングクの家に行く。

















はぁ、。これでいいのかな。







こんなことして。











みんなに隠し事はやっぱり辛いよ。
ホシ
ホシ
📞よぼせよ~??
おっぱから電話が掛かってきた。
貴方
貴方
よ、よぼせよ。
ホシ
ホシ
昨日の公園はどうだったのよ~
貴方
貴方
特に何もなく無事に終わったよ
貴方
貴方
ありがとね
ホシ
ホシ
お~そっかそっか
ホシ
ホシ
ならいいんだよ
ホシ
ホシ
あんにょん~
貴方
貴方
あんにょん~
おっぱに嘘なんかついたことなかったのに。














辛い辛い。
私は涙を流した。










大泣きした。












そうしてまた夜が来てしまった。








私は腫れた目で向かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くぉん きむちちゃーはん
くぉん きむちちゃーはん
推しの作ったきむちちゃーはんになりたい。うん。 すにょんの作ったきむちゃが食べたい食べたい食べたい、 #手を取り合おう____ #笑顔の華_____ さーちゃん ゆん嫁ちゃん ぽこちゃん ういちゃん しおん うーちゃん すあ みんなありがとう♡ きなこ💩お前も好きだから安心しろ わてのふぁんのなまえ ロベッ仔 マーク 🐯🌹 ロベリアの意味は悪意
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る