無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第55話

思い道
あなたside
あれから写真も消せないまま数十分が経過しても指はゴミ箱の


ボタンを押すことは出来なかった。
そのまま朝が来て今日は生放送のMステ。


RAMPAGEとGENERATIONSのコラボ。
あなた

はい!玲於くん!

順調に6人のヘアメイクを終え、残るは手強いこの人。
佐野玲於
待って、今いいとこ…
ね?


いっつもこうなの。
あなた

玲於く ~ ん、それ3回聞きましたよ。

佐野玲於
ああっ、話しかけないでよ。
あなた

もう…

夢中になればなるほど深くなる集中力。
気づけば15分経ってた。
あなた

玲於くん!そろそろ!

佐野玲於
ったく ~ 、あなたのせいで死んだ。
あなた

はいはい ~ 、ごめんなさいね!

佐野玲於
許さねぇ…
絶対勝てると思ったのに。
あなた

また、挑戦…したらどうです?

佐野玲於
は。
鏡越して睨まれてます。


怖いです。
片寄涼太
こら、あなたちゃんを困らせないの。
あなた

涼太さん!

佐野玲於
涼太くんはあなたの肩持つの。
片寄涼太
いや、肩持つとかそういうのじゃなく
普通に考えて思った意見だけど。
正論をドスンと玲於くんに乗せて
ご機嫌ななめな玲於くん。
あなた

玲於くん、元気だしてよ ~ 。

佐野玲於
元気だし。
見るからに機嫌悪い。


元気にはどうも見れない。
メイク中もいつもなら触る携帯を触らずずっと一点を見つめる。


余程、玲於くんには甘い涼太さんに


味方されなかったことが悲しかったのだろうか。
あなた

はいっ、出来た…

佐野玲於
ども。
携帯を持ってはや兄を連れて出て行ってしまった。


いつもの何倍も塩っぱくてちょっとメンタルが…
白濱亜嵐
大丈夫だよ、放っておけば。
あなた

今日Mステなのに大丈夫ですかね。

白濱亜嵐
ん ~ 、そこの切り替えはさせるつもりだし。
残念なリーダーと言われるほどの亜嵐さん。


ちゃんとリーダーとしてのメンバーへ思いがあるんだと思った。
片寄涼太
言いすぎたわ ~ 、玲於に。
あなた

んでも、涼太さんは正論です!!

片寄涼太
ふふ、そうかな。
あなた

はい!

数原龍友
涼太に味方されへんくて寂しがってんちゃうの?
と、話を聞いていた龍友さんがそういう。
白濱亜嵐
ったく、可愛いやつやなあ!玲於は。
片寄涼太
俺はずっと味方なのになぁ。
数原龍友
気付かへんのやって。
もっと表に出さへんと。
そやね、や、だね。


などみんな玲於くんに対する態度がよく分かってる。


流石だな。
数原龍友
あ、あなたちゃん聞いた?
あなた

え?なんですか?

来て来て、と龍友さんの方に手招きされる。
小走りで龍友さんの方へ向かうと
数原龍友
さつきちゃん慎に告ったらしいで?
あなた

え?

何故か、耳元でそう私に伝える、
数原龍友
昨日な、さつきちゃんが事務所に残っててん。
あなた

はい。

数原龍友
そんときに電話しててちょっと聞いてしまってん。
あなた

はぁ、なるほど…

慎くん告白されたのか…


ちょっと、嫌だ。


承諾したのかな…


何て言ったんだろ


めちゃめちゃ気になる。
数原龍友
ど!気になった?
あなた

な、何言ってるんですか。

数原龍友
ん  ~ 、ダメか。
ダメか。ってそういう作戦!?
あなた

それって本当なんですか?

数原龍友
それはほんまや!
あなた

なるほど…

マネにメンバー呼ばれ、ステージでリハ。
私もメイク道具を片付けて向かう予定。
それまで使っていた道具を手入れしてポーチに入れた。
考えてしまうのは慎くん。


さつきちゃんって可愛いもん、


私なんか及ばない。


例え、慎くんに好きと伝えられても


慎くんが今も私を好いてくれているとは限らない。


私トロイから告られたさつきちゃんにしよって。
その時気持ちが揺らいじゃっていいよって言ったかもしれない。
深く深く考えることにネガティブな方へ向かってしまう。
鏡に映る自分。
なんでそんな顔してるの。


泣きそうな目も赤いし。


自分のことなのに自分に問いかけてしまう。
あなた

なんでっ…?

段々と滲む視界。
零れそうになった時。
佐野玲於
あれ、まだいたの。
あなた

え!

そこには玲於くんだけ。
あなた

玲於くん、リハは?

佐野玲於
まだあと10分あるから戻ってきた。
どんなけ、マイペースなんだ。
あなた

そうですか…

佐野玲於
んで、何泣いてんの。
あなた

別に泣いてなんかないです。

佐野玲於
ならなんで不細工な顔になってんの。
あなた

は!?

佐野玲於
ふはっ、うそうそ。
いちいちこういう私のメンタルをボロボロにするんだから。
あなた

玲於さん、

そう言えばさっきとは違う優しい顔で
佐野玲於
ん?
あなた

友達が、いや大切な友達が告白されて
めちゃめちゃモヤモヤしてるんですけど…
これって好きなんですか?

聞きたかったこと。


ずっと、ずっと、慎くんの事が頭にあるの。


慎くんの笑顔。


慎くんの真剣な顔。


慎くんのダンスしてるところ。


慎くんの男らしい顔。
佐野玲於
そうだな、それは完璧好きだよ。
玲於くんにそう伝えられて
あなた

気づいちゃいました…

佐野玲於
そうみたいだね、おめでとう。
あなた

ありがとうございます…?

とうとう、慎くんへ私の思い道は定まったのかもしれない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お れ お
お れ お
おれお、頑張ってきます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る