無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第56話

Mステ
リハを終え、


続々とウォーミングアップをゆっくりしてるメンバー。
開始20分前です!


そう言われればそろそろ行くかー。とみんなを率いるリーダー。
一人一人に頑張って。と伝え、私も現場入りしようとした時。
あなた

目の前に慎くんがいた。


ドキドキ…する。


目の前に好きな人が居るんだもん。


気づいたのが今だったから恥ずかしい。
話しかけに行こうと一歩踏み出すと
森本 さつき
慎さん!
長谷川慎
あ、さつきちゃん。
森本 さつき
あの、ここですけど…
かなりの至近距離で会話をする二人。


今までこんな気持ちにならなかったのに…


めちゃめちゃ悔しくて辛い。
慎くんもこんな思いだったのかとしみじみ感じる。
見てるのも辛くてその場を立ち去った。
今は、本番のことを考えよう。


無事にどのグループも終わること。
GENERATIONSとRAMPAGEの名前が呼ばれれば


会場には黄色い歓声が一斉に響き渡る。
そして、輝く二つのグループ
"  かっこいい  "


改めて感じた本番。
あなた

お疲れ様でした!

続々と戻ってくる二つのグループ。
汗を頭から流してキラキラとした笑顔で笑ってる。


いい汗!!!
感動してたら
川村壱馬
あなたっ、
聞き慣れた声。
あなた

壱馬、どしたの?

川村壱馬
や、なんとなく、
照れたように下向き加減で笑う顔は少し懐かしさを感じる。
あなた

お疲れ様!

川村壱馬
おう、さんきゅ。
あなた

相変わらず歌上手いね。

川村壱馬
そうじゃなきゃやってけねぇっつうの。
あなた

ふふっ、だよね。

こうして壱馬と話すのはいつぶりだろうか。


お互い軽くなって前の友達に戻ったよう。


なんて思うのは私だけで


壱馬の思いがまだ続いてるなんて思ってもいなかった。
川村壱馬
なぁ、今日
佐野玲於
あなた ~ 、どこだ ~ 。
あなた

え!

佐野玲於
何やってんの、早く来い。阿呆。
あなた

うっ…、ごめん、壱馬何?

川村壱馬
いや、なんでもないわ。またな。
あなた

そう?ごめんね、またね。

玲於くんに頭をチョップされた。


相変わらず塩だ。


変わんない。


玲於くん曰く、この後飲み会があるらしく私もどうだだとか。
あなた

それってGENERATIONSだけ?

佐野玲於
いや、ランペも来ると思うよ?
あなた

そうだよね。

佐野玲於
なに、
あなた

なんでもです。

佐野玲於
ま、ほぼお前は飲んでればいいの。
気使ってくれてるのか普通に話すなって命令なのか


玲於くんが言うと分からなくなる。
あなた

はいはい。

みんな飲みに行く準備をして楽屋をでる。


賑やかな16人のメンバー。


後ろから騒がしい声がする。


GENERATIONSだけでも相当な騒ぎっぷりなのに


合計23人とかやばいって。


出禁になる可能性もある。
リュックを肩から背負い、メンバーの後ろを歩く。
すると突然止まった玲於くん。
私が横に来ると歩き出した。
あなた

不思議な行動ですね。

佐野玲於
いや、お前一人だったから。
さらっと携帯を見ながら言う。
あなた

心配してくれて感謝です。

佐野玲於
別に心配じゃない。
優男だから、俺。そういうの放っておけない。
あなた

それを心配って言うんですよ。

佐野玲於
嘘だ。
あなた

なんで嘘つくんですか。

嘘だ、とい言い張っては聞かない。
いつもの様に私から降参すると


嬉しそうな笑顔で鼻笑いする。


なんとなく玲於くんの取り扱い方が分かった。


既に待っていたGENERATIONSのバス。


乗り込んで私が最後。


玲於くんに 先行きな って言われたけどさすがに


それはダメだと思い断った。


そして、乗ろうとした時。
浦川翔平
あなたちゃ ~ ん!!
後ろから聞こえた声。
あなた

え?

浦川翔平
やっほ ~ !!
あなた

しょへさん!

浦川翔平
またあとでね!
あなた

は ~ い!

大きく手を振ると翔平さんだけじゃなく


違うメンバーも手を振ってくれた。


もちろん、慎くんも含めて。
嬉しくて嬉しくて


今にでも舞い上がりそう。
バスに入れば空いている席は玲於くんの横。
佐野玲於
うわ、何にやついてんの。キモ。
あなた

なんとでも言いなさい!

そう言えば携帯を終えて、夢の中。


はぁ、マイペース…
私は玲於くんの方に行かないよう通路側へ寄った。


疲れてるんだもん。


妨げるようなことはしない。
ほかのメンバーは後ろでざわついてる中、よく寝れる。
あなた

ふぅ、…っつ!?

肩に重みが増したと思いきや隣に玲於くんの頭。
まじですかー。


ちょっときちぃ。
あなた

玲於くんっ、

起こすのも可哀想だし。


でもっ、
うぅ、と動く時に香るシャンプーの香り。


微かに匂う香水の匂いもまた良い感じ。
玲於くんって感じで。
ま、、いっか。


塩な玲於くんをいつも見てて脱水症状だから


今は、甘い甘い摂取ってことに。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お れ お
お れ お
おれお、頑張ってきます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る