無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

鈍感慎くん
3回ノックをしてはい?と慎くんの声。


ちょっとだけ安心したのか胸が暖かくなる。
あなた

…どう?

長谷川慎
あ!あなたさん!
キラキラした目で私を見つめる。


かわいい…
あなた

あれ、冷えピタは?

長谷川慎
あ、、ごめんなさい。
さっき取っちゃいました。
あなた

どして?

長谷川慎
え?
何聞いてるんだろ…
あなた

さつきちゃん…に見られるの恥ずかしいから?

ちょっとだけ上から言ってしまう。


そんなつもりはないよ!


そう心で言っても通じないのか当たり前。
長谷川慎
そうなんです!
めちゃくちゃ僕の事見て笑うから…
本当なんだ…


さつきちゃん、慎くんが好きで二人きりになったのが


緊張したんだと思うよ。


そう伝えたいのに、伝えられない。


慎くんにはおしえたくない。


そう思って言えない。


でも、慎くんすごい鈍感だよね。
あなた

そうなんだ。

すると、慎くんは
長谷川慎
あなたさん、大丈夫ですか?
あなた

え?

下を向いた顔を上げると慎くんの大きくて細長い指が


私の頬に触れる。
その頬に異常な熱が溜まっていくのがわかる。
あなた

ちょっと…?

長谷川慎
だって、泣いた跡ある
あなた

え!

恥ずかしい…


さっき玲於くん達のところで泣いてしまった跡か!
あなた

大丈夫、大丈夫。大したことない!

長谷川慎
でも泣いたんですよね?
そう責められる慎くんの言葉に何も言えない
長谷川慎
だから泣くのは僕の胸の中かあなたさんの好きな人の前だけって言ったじゃないですか!
怒ってると思うのに、怖くない…
あなた

ふふっ、ごめんね。

長谷川慎
なんで泣いたんですか?
あなた

え?

長谷川慎
あなたさん、起きたらいなくて
壱馬さんとバトンタッチしたっていうから
壱馬さん関係なのかなって…
間違ってたらすみません!と付け足す。
慎くんの感は鋭いなぁ。
あなた

そうだよ。壱馬。

長谷川慎
はい。
あなた

玲於くんとはや兄に話聞いてもらってたの。

長谷川慎
玲於さんと隼さん?
あなた

そう。

長谷川慎
僕じゃ物足りませんでしたか…?
急にしょぼんとした言い方になる慎くん。


熱のせいか頬も赤くなっていて見ててドキドキする。
まるで、可愛い子が酔ってるかのよう。
あなた

そんなことないよ。

そういうと慎くんは手を繋いできた。
あなた

えっ

熱を持った熱い手。


その熱が私の手にじんわりと伝わってくる。
長谷川慎
僕になんでも言ってください!
あなたさんがどこに居ても飛んでいきます。
あなた

ほんと?

長谷川慎
はい!
嘘なんか着きませんよ。
あなた

そっか、ありがとう。

そういうとぎゅっと繋がれて離された。


その瞬間なんとも言えない寂しさが心に残る。
長谷川慎
僕そろそろ楽屋戻ります。
あなた

え!まだ安静に…

長谷川慎
ここにいると余計に熱上がりそうで…
髪をかきあげるようにする仕草。
あなた

そう?

長谷川慎
はい。ありがとうございました、
半分まで減った水を持って部屋を出ていった。
慎くんに壱馬の話すると悲しそうになるんだもん。


そんな顔されちゃ、私だって悲しい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お れ お
お れ お
おれお、頑張ってきます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る