無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

一日少年
翔平side
川村壱馬
おはよ
浦川翔平
おはようございます!
俺の部屋に入ってきた壱馬さん。


今日は壱馬さんとまこと俺で遊園地!


めちゃくちゃ楽しみっす。


ん?


なになに、なんか雰囲気変わった、?


しかも、
浦川翔平
壱馬さん、靴下どうしたんすか?
川村壱馬
え?
浦川翔平
左右違いますけど!笑
川村壱馬
あ ~ 、ほんまや、
どうしたんやろ、って。


壱馬さんどうしたのでしょうか。


何かあったのでしょうか。
浦川翔平
壱馬さん何かありました?
川村壱馬
え?
隣で靴下を履き替えて俺を見た。
浦川翔平
その顔は何かあったでしょう。
この浦川翔平が聞いてあげましょう。
耳を傾けると
川村壱馬
たわ…
浦川翔平
え?
川村壱馬
あなたに振られたわ ~ 。
軽々しく  振られた  そう口に出す壱馬さん。
浦川翔平
ふ、振られた!?
川村壱馬
そう。
相当ショックなのか目にはクマを作ってて


多分寝れてない。
浦川翔平
大丈夫ですか?
川村壱馬
うん、俺が悪いで当然やわ。
あなたの事ちゃんと見れてなかった。
浦川翔平
そうですか…
川村壱馬
なんや、翔平までそんな顔せんで?
浦川翔平
ん ~ 、壱馬さんが悲しいと
浦川翔平も悲しいですけど。
川村壱馬
何女みたいな事言ってんだよ笑
ベシっと俺の肩を叩く。
なら、今頃まこは?
川村壱馬
慎まだ来てないの?
浦川翔平
見たいっすね。
川村壱馬
今日遊園地行く予定なのに。
浦川翔平
あいつ、
電話しようとまこにかけるけど


話し中だって、切られる。
浦川翔平
ん ~ 、出ませんねぇ。
川村壱馬
あ、そっか。
浦川翔平
え?
川村壱馬
いや、ううん。
なにか察したような顔をする壱馬さん。
川村壱馬
2人で行こうぜ。
浦川翔平
え ~ 、壱馬さん俺と行きたいっすか?
川村壱馬
本当は慎と行きたかった…な。
そんな女みたいなこと言わないでくださいよ!!笑
それも、壱馬さんの愛情表現ってことにしときます。
とりあえず遊園地に向かう事に。
完璧なプライベート。


もちろん電車で遊園地まで向かう。
その時の壱馬さんはいつもと違って元気がない。


ん ~ 、まぁ好きだったのに振られたら悲しいよね。


でもあなたちゃんの気持ちも分からなくもないから


どっちもの味方となる。
浦川翔平
あ、壱馬さん、富士山ですよ。
電車の窓の向こうを指さすとそこには大きな富士山。
まぁ、だいたい行くところはわかってきた所で。
川村壱馬
うわっ、でかいわ、さすがに。
単語並べの反応で余程びっくりされてるんでしょう!
富士山に食いついてくれてなんか嬉しい。


悲しい思いから俺が抜け出さしてあげないと。
浦川翔平
さっ、今日いっぱい乗りましょうね。
川村壱馬
いやいや、こっちのセリフ。
翔平乗れんの?
浦川翔平
え、乗れますよ?
川村壱馬
乗らなきゃ人生損でしょ ~ 。
浦川翔平
ですよね。
ジェットコースターの話で盛り上がってきた。


壱馬さん、余程ジェットコースターが好きということが


今判明し、あなたちゃんと行きたかったそうで。
浦川翔平
葵ちゃんを守るんですか?
川村壱馬
…そうだな。
複雑な思いだけど今やるべきなのは
そういう事だし。
浦川翔平
そうですか。
壱馬さんが守ってくれるなら安心ですね。
川村壱馬
そう?俺だってちっさな男やで。
自分のことで精一杯になってるんやから。
浦川翔平
壱馬さん1つのことに集中する男ですもん。
それが出来ないってことは
余程壱馬さんの気持ちが揺れ動いたんですね。
川村壱馬
…いい感じに言わなくていい。
浦川翔平
はい…
と、長い時間電車に揺られて到着。
浦川翔平
ふぁ ~ !疲れたぁ。
川村壱馬
空気がいい。
浦川翔平
やっぱ麓ですからね、
川村壱馬
だな。
よし、今日いっぱい楽しむぞ ~ !!
浦川翔平
やるぞ、やるぞ、やるぞ ~ !!!
川村壱馬
おい、うるさい、てかなにをやるんだよ。
浦川翔平
ジェットコースター乗ることです。
川村壱馬
あぁ、笑
いちいち声に出さんでええわ!と叱られ
晴れ渡った快晴の下で今から少年に戻ります!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お れ お
お れ お
おれお、頑張ってきます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る