無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

お説教
玲於side
あいつ、マジなにやってんの。


こんな真夏に外に待たせやがって…


後で思いっきりお説教レベルだぜ、これ。
気づけばファンの人たちもいなくてほんとに俺だけ。


ビビリだから意外と怖いってのは言わねぇ。
その間、
佐野玲於
亜嵐くん、何欲しい?
白濱亜嵐
え ~ 、何って。
佐野玲於
なんか欲しいものないの。
白濱亜嵐
今は特にないかな、笑
佐野玲於
なら、トマトの詰め合わせとか?
白濱亜嵐
玲於鬼だ。マジで鬼。
佐野玲於
あなたにも同じこと言われた。
白濱亜嵐
やっぱ俺ら分かりあってるんだよ?
なんてあなたとの仲がいいっていつも自慢してくる。


俺の方が遊びに行ったり買い物行ったりしてるし。


亜嵐くんよりかは仲良い自信ある。
佐野玲於
そうそう、あなたまだ来ない。
白濱亜嵐
どこ行ってんの?
佐野玲於
ランペのLIVE来てるんだけどあなたが差し入れ渡すの忘れたらしく今渡しに行ってるんだけど戻ってこない。
白濱亜嵐
玲於ぼっち?
佐野玲於
そう。
白濱亜嵐
だから電話かけてきたのか。
佐野玲於
は!
白濱亜嵐
滅多に掛けてこない玲於が
珍しくしかも電話っておかしいなって思ってた。
佐野玲於
別に意味は無いよ
やっぱ亜嵐くんにはお見通しかぁ…


悔しい。
白濱亜嵐
あなた早く帰ってくるといいね。
佐野玲於
ほんと。どこいってんだか。
白濱亜嵐
迷ってんじゃない?
佐野玲於
わんちゃんあるよ。
白濱亜嵐
電話かけてみなよ。
佐野玲於
わかった。
ということでいつまで経っても帰ってこないあなたに


電話することにしました。
prrrrrrrrrr
2コールぐらいで出た。


早。
あなた

もしもし…ごめんなさ…

佐野玲於
あなた大丈夫?
あなた

…え?

佐野玲於
遅いからなんかあったのかって思って。
あなた

玲於さんどうしましょう…

落ち込んでいる声。


何度も聞いたトーン。


こりゃ、またなんかあったわ。
佐野玲於
なに?
壱馬と何か____
あなた

翔平さんに怒ってしまいました!

耳に届くのはあなたの口から聞いたことの無い言葉。
翔平?


なんで?
佐野玲於
は!?
あなた

話せば長くなるんです!!!

こんな所で時間使うより駆けつけた方が早い。
佐野玲於
ん ~ 、まぁいい!
どこにいるの?今!
プーっ、プーっ、プーっ、
は…?
なんで切れた?


あいつ、馬鹿かよ!


もしや充電切れ?
もう一度かけてみるがやっぱ出ない。
とりあえず走って中に入る。


あなたが迷いそうなところ探してみるけど


そう簡単には現れない。
佐野玲於
どこいったんだ ~ 。
壁にもたれかかっていると
男女二人の声が聞こえて
佐野玲於
…俺の役目は果たせたな。
あるMちゃんにLINE。
「   あとは頼んだぞ ~ 。 」
お兄ちゃん、亜嵐くんの誕プレ考えよっと。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お れ お
お れ お
おれお、頑張ってきます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る