無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

不思議な子
外に出ると雨は止まず、一向に強さを増す。
あれから、ちょっと待ってから行こうとなり、
長谷川慎
止みませんねぇ…
あなた

だね…

二人してずっと夜空を見上げては止むのを待つ。
本当の理由、壱馬以外、あまり二人きりで居たくないのが理由。
どんなに信用してて、いい人でも所詮は男だし…


何があるか分からないから。


ちょっと、怖い…
長谷川慎
もう、帰りませんか?
あなた

…まだっ、ちょっと、待ってみようよ。

なんて止む様子のない雨を見て言う。
長谷川慎
分かりました。
あなた

え?

慎くんは私の身勝手な意見に何の反対もなく


私の隣で一緒に待っている。
長谷川慎
何ですか?
あなた

いや…慎くん嫌って思わないの?

長谷川慎
むしろ、うれっ…
あなた

うれ…?

長谷川慎
僕、待つの得意なんで!
あなた

ふふっ、何それ笑

長谷川慎
よく、高校で待たされる側でした。
あなた

私待たせる側だったなぁ。

長谷川慎
うわ、僕の苦手なタイプ!
あなた

だって、相手が出るの早いんだよ!

長谷川慎
いやいや、早く遊びたい気持ちでいっぱいだったんで
そんな早いとか考えたこと無かったなぁ…
あなた

青春だ…

そう思えば私もちゃんと青春してたと実感。


私にはちょっと苦い思い出が多数。


今、こうして壱馬と繋がれて幸せ。
長谷川慎
よしっ、次こそは!
多分、凄く帰りたいんだろうな…


…仕方ないか。
あなた

そうだね…

長谷川慎
…いいんですか?
あなた

え?

長谷川慎
あなたさん帰りたくなさそうだったから。
壱馬さんと離れるの寂しいのかなって。
…?


壱馬と…?


離れるのは寂しいけど、私の心配してたこととは


全く違う意見が聞けてビックリ。
あなた

うんっ、寂しい…

寂しい   と言葉にすれば余計に寂しくなることを忘れていた。
一段と寂しい気持ちで押し潰されそうになる。
2人、雨の夜道。


ひとつの傘、強い雨に打たれながら歩く。
長谷川慎
あなたさん、大丈夫ですか?
あなた

…大丈夫だよ。

長谷川慎
ちゃんと入ってますか?
あなた

十分なくらい入ってるよ。

長谷川慎
よかった。
慎くんは優しい。


気も使えてほんとにいい人。


なのにそんなことするはずないって分かってるのに


少し危機感を持ってしまう。
あなた

壱馬…

ぼそっと呟いた私の囁き。
慎くんの耳に届いていたみたいで
長谷川慎
大丈夫です、明日帰ってきますよ。
そう励ましてくれる。


彼なりの優しさ。


いつもは壱馬や翔平さんにいじられたりしてて


後輩なのに…私といる時は男なんだもん。


カッコイイって思えちゃう。


好きとかじゃなくて、男の人として尊敬する。


あんな人に昔、出会えてたらあんな苦い思いでは作られなかった。
あなた

…辛いっ

長谷川慎
えっ、
な思わず溢れ出涙。
長谷川慎
え、あなたさん!?
あなた

はい"ぃ…

長谷川慎
大丈夫…?
あなた

私、ずっと怖かった。
慎くんとこうして二人で帰ること。

長谷川慎
え…
私に全ての傘を傾けてくれてる。


そんなことしちゃ、慎くんが濡れちゃうのに…


馬鹿だなぁ…


こんな人に優しくしなくていいのに。
あなた

ずっと前、こうして同じ経験があるの。

長谷川慎
夜…?
あなた

うん、そう。

高校時代、付き合ってすぐの彼氏がいた。


ルックスもかっこよくて性格も私のタイプ。


関わりやすくて…


初めて話した時から、ずっと気にかけていた。
それから、クラスが一緒になってずっと話すように。


ある日、彼から告白され、付き合った。


ここまでは最高な青春。
だが、ここで一変されたのだった。
ある、夕方。


雨で私は傘を忘れた。


走っていた時、たまたまのように彼が私の後ろからやって来て


傘をさしてくれた。


優しい。


慎くんと重ねてしまうの。


優しい人には裏があるんじゃないかって…
そして、それから彼の家に着替えなと入って
私は着替える気持ちでいたから何の気も持たず入ったその時。
後ろからベッドに押し倒され馬乗り。


それから、私の、ハジメテ は彼のものに。
あなた

…ごめんね、慎くん。

過去のことを話したのは彼一人、慎くんだけ。
なんか話したくなった。
長谷川慎
…僕は全然、そうして見立てても仕方ないですよ。
フォローを欠かさずしてくれる
あなた

ごめんっ…

長谷川慎
大丈夫です。僕はあなたさんの見方です。
背の高い慎くんは少しだけ足を曲げて私の目線に合わせ話す?
あなた

…ありがと。慎くん。

長谷川慎
何かあったら僕にも相談してくださいよ!
あなた

ん ~ 、どうだろっ。

長谷川慎
えぇ!!!
あなた

慎くん優しいからずっと私の味方でいそうだもん。

長谷川慎
あ ~ 、まぁ…そりゃもちろん。
あなた

でしょ?だから相談に乗っても…
言い方悪いけどアドバイスにならないっていうか。

明らかな、反応を見せる慎くん。


…やば、言い過ぎた?
長谷川慎
で、ですよねぇ…
顔は沈み暗い。
あなた

でも!でもね!慎くん。
慎くんなりのいい所は私知ってるよ。

長谷川慎
ありがとうございます…
あ ~ 、やっちゃった。


慎くんの気力奪っちゃった…


傘を持つ力も弱まって、フラフラしてる。
酔っ払ったかのよう。
危ないから私は慎くんの手の上から私の手を重ねた。


そうすればふらふらしなくて済むよね?
パッ…
長谷川慎
わっ!!
さっきの慎くんじゃない。


顔を真っ赤にして私を呆然と見つめる。


どんどん雨に打たれる。
あなた

ごめん、慎くん気力無くなってたから。

長谷川慎
あ ~ …、ははっ…
なんで、慎くんは顔を赤くするのか。


そしていつも驚くのか。


不思議な子。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お れ お
お れ お
おれお、頑張ってきます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る